『コロナ禍での「夏のマスク生活」はここがポイント!』についてTwitterの反応



(出典 t.pimg.jp)


気温の上昇に伴い、マスクなしで外出する人が徐々に増えてきました。今年の夏は、熱中症を回避しつつ、新型コロナウイルスに自分が感染しない、そして人に感染させないことが求められる、大変難しい夏になります。特にマスクの扱いについては、新型コロナウイルスが身近に存在する可能性を想定しながら、その場その場で1人1人が知恵を絞って、最適な選択をすることが大切です。

 本記事では、現在得られているエビデンスに基づいて、コロナ禍での「夏のマスク」との付き合い方を考えてみます。

マスクをしていると、熱中症リスクが上昇する?
 気温が上がり、日差しも強くなったタイミングで、自粛生活によって暑さへの順応が遅れた人々が外出するようになり、熱中症のリスクが上昇しています。そうした状況下でマスクを着用していると、息苦しく感じ、身体に負担がかかる恐れがあります。ただし、マスクによって熱中症リスクが上昇することを示したデータは、これまでのところないようです。

 日本救急医学会・日本臨床救急医学会・日本感染症学会・日本呼吸器学会で構成される、「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症診療に関するワーキンググループ」は、6月1日に「新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」を公表しました(*1)。同グループは、「現時点ではマスクをつけて運動しているから必ず熱中症になりやすいとも言えない」としつつ、「心拍数、呼吸数、二酸化炭素、体感温度の上昇から、マスクをつけることで、体に負担が掛かると考えられます」との見解を示しています。

 厚生労働省も、「令和2年度の熱中症予防行動」の中で、熱中症予防のため、適宜マスクを外すことを呼びかけています(*2)。具体的なポイントは以下の通りです。

熱中症予防のためのマスク使用のポイント

高温多湿の屋外で、人と十分な距離(2m以上)を確保できる場合にはマスクを外す
マスクを着用している時は、強い負荷の作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、適宜マスクをはずして休憩をとる
のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をする

海外のマスク事情は? 熱帯のシンガポールでは着用率が90%超
 では、同じように暑い海外の国では、マスクはどのくらい着用されているのでしょうか。英国に本社を置くインターネット調査・データ分析会社YouGovによると、6月19日時点でマスク着用率が世界一だったのは、熱帯の国シンガポールでした(*3)。同国の公共の場でのマスク着用率は2月21日時点で24%でしたが、4月17日には85%に上昇、5月22日に92%に達し、以降も高い水準を維持しています。

 シンガポールにおけるマスク着用率急上昇の理由は、4月14日から自宅外(職場も含めて)で2歳以上のマスク着用が義務化され、違反した場合は高い罰金などが科せられているからです。ただし、激しい運動中やオートバイ乗車中、医師の判断で着用が難しいとされる人などはマスクを外してもよい、とされています。

 シンガポールの5~6月の平均気温は27.8℃で、年間の平均湿度は84%にも上ります。高温多湿のこの時期をほとんどの人がマスクをつけて過ごせていたことになりますが、もともとシンガポールは熱中症が非常に少ない国だそうです。シンガポール日本人会クリニックの日暮浩実氏の記述(*4)によると、シンガポールは「暑さへの対処法が文化として習慣づいている」国とのこと。海からの風が入りやすい地理的条件や、街路樹の多さ、冷房の多用といった特徴に加えて、日中の暑い時間帯は屋外での活動を避け、常時水分を摂取するといった習慣が国民の身についているために熱中症が少ないのではないか、と同氏は指摘しています。

 シンガポールの高いマスク着用率は、厳しい罰則に裏打ちされたものですが、正しい熱中症予防策を実践すれば、高温多湿でもマスクの継続的な着用は可能であることも示唆しています。
WHOも方針を転換、一般人には布マスク着用を推奨
 さて、新型コロナウイルスの流行初期には、無症状の一般市民のマスク着用による感染予防効果に否定的だったWHO(世界保健機関)も、6月5日、マスクの使用についての方針を転換しました。感染が広がっている地域では、公共交通機関利用時など、十分な対人距離が取りにくい場合にマスクの使用を推奨すると発表しました(*5)

 WHOは従来通り、「健康な人が一様にマスクをすることによって、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)を含む呼吸器ウイルスの感染を予防できることを示した直接のエビデンスはない」とし、「マスク単独では予防効果は十分ではなく、マスク着用の有無にかかわらず、社会的距離の維持や、手洗いなどの感染予防策をしっかり実施することが大切」としながら、症状のない人々にもマスクの着用を推奨しています。これは、発症前の新型コロナ感染者からもウイルスが排出されている可能性が高いことに基づく方針転換です。

 WHOが一般の人に着用を推奨するマスクの種類は、「非医療用マスク(布マスクなど)」と、「ASTM(医療用マスク規格)に適合する医療用マスク(不織布を使ったサージカルマスク)」です。WHOは「COVID-19を示唆する症状がある人は医療用マスクを着用し、自己隔離し、医療機関に相談する。高齢者や、免疫機能が低下している患者、心血管疾患や糖尿病、脳血管疾患、がんなどの併存疾患を有する患者は、医療用マスクを使用してもよい。それ以外の一般の人々については、社会的距離が取りにくい場合に非医療用マスクの使用を推奨する」としています。

 なおWHOは同時に、マスク着用によって発生する可能性がある害についても述べています。汗をかきやすい夏は特に、こうした点への留意も必要です。

マスク着用によって発生する可能性のある害

不適切な取り扱いによる汚染(マスクに触れた手で目をこする、など)
湿った/汚れた非医療用マスクを使用し続けることによる、マスクの生地の中での細菌繁殖
長時間着用によるマスクの下の皮膚トラブル(皮膚炎や、ニキビの悪化など)
マスク着用による安心感からの手洗い/社会的距離の維持の不徹底
不適切な廃棄に起因する道路清掃担当者やゴミ収集担当者の感染リスク上昇

布マスクや夏用マスクの素材選びのポイントは?
 日本では、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、不織布を使った医療用のサージカルマスクが入手困難になったことから、布マスクや手作りマスクが急速に普及しました。最近は、夏用をうたう冷感マスクも登場しており、使われる素材や構造はさまざまです。WHOは今回、「理想的な非医療用マスクの構造」も示しています。

WHOが示した「理想的な非医療用マスク(布マスク)の構造」

3層構造である
一番内側が、自分の口や鼻から出る飛沫を速やかに吸い込むことができる親水性の布(綿100%または綿と別素材の混紡)
一番外側は飛沫が飛んできても染みこまない防水性能を持つ布(ポリプロピレン、ポリエステル、またはそれらの混紡)
中間層はやはり水が染みこみにくい不織布(ポリプロピレンまたは綿など)
洗濯が可能な素材
伸縮性の高い布は着用時に伸びるため、繊維の密度が低下し、飛沫捕獲効果が下がるうえに、60度以上で洗えない素材が多いため、避けた方が良い
布マスクは異なる素材の組み合わせで性能アップ
 日本では既に、さまざまな種類の布マスクが市販されていますが、その有効性(飛沫を十分に捕獲できるか)が科学的に確認されている製品はほとんどないように思います。マスクを作る布の種類によって、飛沫の捕獲性能には大きな差が生じます。

どのような素材が優れているのかを知りたいと思ったときに、参考になる論文(*6)があります。これは、一般的な素材の布、綿、シルク、シフォン(ポリエステル90%スパンデックス10%)、フランネル(綿65%ポリエステル35%)などについて、呼吸器ウイルスの伝播を抑制するために重要な「粒子径10nmから10μmまでのエアロゾル」をどの程度捕獲できるかを検討した研究です。

 ここでは、飛沫感染の予防に注目し、300nmを超えるサイズの粒子を捕獲する能力を見ていきます。結論としては、いずれの布地も、1枚だけでは効果は十分ではありませんでした。唯一の例外は、スレッドカウント(TPI)、すなわち1インチ(2.54 cm)四方に織り込まれている糸の数が多い、600 TPIの綿100%生地(高級なシーツなどに使われている)でした。これは、1枚でもサージカルマスク並みの性能を示しました。

 また、1枚では十分な効果はない120 TPIの綿生地も、2枚合わせて中に綿(わた)を入れたキルティングにする、あるいは、綿とシフォン、綿とシルク、綿とフランネルをそれぞれ1枚ずつ重ねた2枚合わせの生地にすると、サージカルマスクと同等の効果が期待できることが明らかになりました。このほか、シルクを4枚重ねにする、シフォンを2枚重ねにするとことでも、サージカルマスクに近い効果が得られることも分かりました。一方で、マスクを着用した際に隙間があると、効果が60%超低下することも示されました。

 この研究結果からは、適切な素材を選んで、顔にフィットするように作られた布マスクなら、飛沫を捕獲する効果は高いことが分かります。
感染者から1m以上離れれば感染リスクは8割以上減少
 暑くてがまんできない、マスクの下に汗をかいて皮膚トラブルが発生した、水分補給のためにマスクを外したい、でも感染したくない、感染させたくない…。そんなときは、周囲の人から離れるのが一番です。感染予防における、マスク着用と1m以上の距離を維持することの効果を検証した論文が、英国の医学ジャーナルLancet誌に6月1日に報告されているのでご紹介しましょう。

 この研究を行った世界各国の研究者たちは、マスクの着用と、1m以上の距離をとることが、新型コロナウイルスなどの感染リスクに与える影響を調べるため、44件(対象者は2万5697人)の観察研究のデータを分析しました。44件の内訳は、新型コロナウイルスに関する研究が7件、MERS(中東呼吸器症候群)に関する研究が11件、SARS(重症急性呼吸器症候群)に関する研究が26件となっていました。

 分析の結果、感染者からの距離が1m未満に比べ、1m以上離れると、感染者から非感染者への感染リスクは82%低下し、距離が伸びるほどリスク低下幅が大きくなることが明らかになりました。

 マスクを着用した場合も、感染リスクが85%低くなる可能性が示されました(N95マスクまたは同等品のマスクでは96%低下、サージカルマスクまたは同等品では67%低下)。同様に、ゴーグル、フェイスシールドなどを利用して眼を保護すると、感染リスクが78%低下することも示唆されました。
夏のマスク着用の注意点をまとめると…
 現在利用可能なエビデンスに基づいて、夏のマスク着用の注意点をまとめると、以下のようになります。

コロナ禍での夏のマスク着用の注意点

1)

マスク着用の有無にかかわらず、熱中症予防に気を付ける

2)

効果が示されている素材のマスクを選ぶ。可能なら自作する

3)

隙間が多いマスクや、呼吸しづらいマスクは使用しない。着用したら鼻の部分やあごの下を調整し、顔にフィットさせる

4)

着用中は鼻を出さない、マスクを触らない

5)

水分補給や食事のためにマスクをいったん外し、つけ直す際には、マスクを正しく取り扱う(前後に手洗いをする、ゴムの部分をつかみマスクの本体に触らない、外したマスクは密封できる新しい袋に入れる、など)。

6)

自宅外でマスクを外すときは、周囲の人と1m以上、可能な限り2mの距離をおく。それができないなら会話を控える。

7)

会話する場合はマスクを着用する。

8)

サージカルマスクは原則として再使用せず、外したら蓋のあるゴミ箱に捨てる

9)

傷んだマスク、汚れた、または湿ったマスクは使用しない

 布マスクは1日1回、よく洗って乾かしましょう。WHOは、「石鹸または洗剤をつけて、60度程度の湯で洗う。お湯が使えない場合は、石鹸または洗剤で洗った後に鍋で1分間煮る。または家庭用塩素系漂白剤を希釈して作った次亜塩素酸ナトリウム液(濃度の目安は0.1%)に1分間浸してから水でゆすぐ」という方法を推奨しています。

 梅雨が明ければ本格的な夏です。熱中症予防のためにマスクを外す機会も増えますが、その際「人と話すならマスクを外さない、マスクを外すなら人と話さない」というルールを厳守することが大切です。上に示した注意点に気をつけつつ、これまでと同様に、こまめに手を洗い、「三密」を避けて過ごしていきましょう。