数々の訓練を受け、視覚障がいを持つ人を安全に誘導してくれる、盲導犬。

また外でむやみに吠えないようしつけてある場合が多く、街中で落ち着いた行動をしています。

車内で脚を踏まれた盲導犬、注意喚起に反響

電車内で盲導犬に出会ったシマ(@kainekonoshima)さんが、以前にあった出来事をTwitterへ投稿。内容に「酷い」「注意したい」といった声が上がりました。

投稿者さんが、電車に乗っていた時のこと。その日、車内には盲導犬とそのユーザーがいました。

※写真は別の日に撮影したもの

席に座るユーザーの足元で大人しくしていた、盲導犬。

すると次の瞬間、歩きスマホをしていた人が、犬の存在に気が付かなかったのか、盲導犬の前脚を踏んで行ったというのです。

その盲導犬は、痛みを感じていたと思いますが、声も上げずただ静かに耐えていたのだとか。

ユーザーにとって、盲導犬はまさに自分の目そのもの。もしも盲導犬が脚にケガをして、動けなくなってしまっては大変です。

また、盲導犬は大切なパートナーでもあります。パートナーが傷付けられるのはとても悲しく、つらいことです。

投稿者さんは、この一件から「本当に歩きスマホはやめてほしいです」と注意喚起をしています。

投稿に対して、ネット上ではこのような声が寄せられました。

もしもケガをしていたらと思うと、胸が痛くなりました。酷すぎる。

・痛かっただろうに…。歩きスマホは自分自身も周囲の人にとっても危ない。本当にやめてほしい。

・きっとすぐに立ち上がれるように前脚を出していたんだろうな。自分も盲導犬に出会った時は気を付けたいと思います。

歩きスマホは、事故につながるケースもあり危険なため、絶対にやめましょう。

特に混み合う車内などでは、周囲の状況に気を配れるようにしておきたいですね。

盲導犬に出会った時は

日本盲導犬協会は、街中で盲導犬を見かけた時はユーザーが助けを必要としている場合を除き、『温かく見守っておくこと』を呼び掛けています。

また、電車内で脚を踏まれた盲導犬に出会った時や、誤って踏んでしまった場合は、ユーザーへ声がけをしましょう。

正しい知識が広がり、さまざまな人が安心して過ごせる社会にしていきたいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kainekonoshima


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

でもこの記事に対して、今時のネット民は「盲導犬なんか電車内へ持ち込むなよ、ニキ」「これだからフェミは」「日本人のフリした韓国人」とか、ブチ切れそうだけどな。ワンパターンな連中なので。


自分だけは違うと思っているらしい


ごめんその位置は混んでると普通に踏む。たとえスマホ持ってなくても


犬って足踏まれても痣もつかないし赤くならないんだな


歩きスマホの奴にはちゃんと前見て歩け(そもそもスマホ見ながら歩くな)だけど、他の視覚障碍者には障害物になっちゃうよね。ガードするだけでなくユーザーに危険な状態だって事も伝えたほうがいいと思う。


歩きスマホは擁護するまでもなくやめていただきたいが、わんこもその位置は普通にふみかねないからちょい移動してください


イヌの足踏んで気づかないって事はないやろ ワザとか無視した


昔は「日本人の美徳は謙虚さ」なんて言ったものですが、実際には同調圧力に対する順応性に過ぎなかったわけで、「歩きスマホ」が同調圧力に抗するだけの勢力を得られれば、生物学的傲慢さを如何なく発揮しますわな。理性に基づく生き物ではありませんので、日本人は。


盲導犬とかは吠えないようにしつけられてるからなぁ・・・・そして、こんな記事の中で自分の気に食わない相手を貶めるために記事の悪人~=自分の気に食わない相手、と颯爽と()レッテル付けに来るdbとか、ほんと、見るに堪えない性根だよなぁ。  盲導犬を批判する人なんてほとんどいないし、そもそも車椅子が公共交通を使用するのだって批判している人はいないのに


他人がみんな、自分に優しくしてくれるみたいに思ってんのか。


歩きスマホして踏んでも日本人ならまず謝るけどな。日本人なら。あ、ちゃんとした日本人ならだった。


歩きスマホの前見えてない生き物は眉の下に丸めた銀紙でも詰めておけよと思うが、普通に人が通る場所に盲導犬やら荷物やらを置くのもどーなの?だ


大体わかるが事の瞬間パシャッ→SNSがわからない


足の下に横向きで待機させるとか、もうちょっと省スペースに収める事はできないのか?何かできない理由があるなら、ゴメン。


盲導犬叩き棒にするまでもなく徹頭徹尾電車に乗り込む時まで歩きスマホするヤツが悪いし、歩きスマホのアホに踏まれるリスクと踏まれて痛いのは人間も犬も同じやんね。


視覚障碍者に対してコメが辛辣すぎやろ…移動しろとかスペース考えろとかそのぐらい健常者なら避けれると思うけど。歩きスマホ辞めろ。


わんこがこういう体勢で「待て」と訓練されてるのであれば仕方ないね。こちらが理解して気を付けないと。ただ、油断してたら前脚を踏んづけてしまいそうになるのは理解できる。歩きスマホは論外。


目が見えないだろうから状況がわかりにくいだろうし、イヌは言葉を話せるわけでもない。第三者である健常者が影で支えてやるしかないが日本人以外だとそうも行かないだろうな。


周りにいる健常者が配慮するしかないね。目が見えない人に対してその位置に盲導犬置くのが悪いとか、犬に対して手を置くスペースを考えろとか論外。犬が手を付き出して待機してるのはこう訓練されているからなので、文句は盲導犬のブリーダーに言ってください。相手にされないだろうけどね


伏せが待機の基本ならこれは健常者側が気を付けないといけないだろうな。ただ、座れも待機の姿勢に使えるならスペースが狭い時はそっち側で待機させて欲しいと思うのはわがままかな?