『大阪有機化学10%高 今期上方修正、半導体材料好調』についてTwitterの反応


大阪有機化学工業株式会社(おおさかゆうきかがくこうぎょう、英: OSAKA ORGANIC CHEMICAL INDUSTRY LTD)は、大阪大阪市中央区に本社を置く日本の化学メーカーである。  塗料・接着剤、インキ向け等特殊アクリル酸エステル及びアクリル酸の製造販売。エステル化技術、蒸留精製技
5キロバイト (374 語) - 2021年3月9日 (火) 10:00




24日の東京株式市場で大阪有機化学工業株が一時、前週末比380円(10%)高い4215円と、およそ1カ月ぶりの高値をつけた。半導体材料などが好調で21日に2021年11月期の連結純利益が前期比33%増の44億円になりそうだと発表、従来予想(33億円)から上方修正したことを好感した買いが集まった。

終値は前週末比205円(5%)高の4040円だった。売買代金は前週末に比べて約7倍に膨らんだ。東証1部の売買高急増ランキングで3位に入った。

自動車塗料用や光学材料向け粘着剤用を中心に化成品事業の販売が回復したほか、半導体材料や表示材料などの電子材料事業が好調に推移している。純利益見通しは市場予想の平均であるQUICKコンセンサスの39億円(4月23日時点、4社)も上回った。

売上高は340億円(前期比19%増)、営業利益は58億円(31%増)を見込む。年48円の配当予想は年50円(前期は46円)に引き上げた。

同日には金沢工場(石川県白山市)に約45億円を投じて半導体関連材料の新規設備を建設すると発表した。半導体の回路形成に必要なフォトレジスト(感光材)の需要増加に対応するためで、22年1月に着工し、23年4月の操業開始を予定している。

半導体関連材料は今後も堅調な需要が継続するとの見方が多い。ただ市場では「半導体関連株はすでに好調さを織り込んで上昇してきた面があり、短期的には調整が入る可能性もある」との指摘も聞かれた。





C News
@k3IhAsmpLDINOng

【ビジネス】 大阪有機化学10%高 今期上方修正、半導体材料好調 - 日本経済新聞 https://t.co/Px97y1jvXZ

2021-05-25 00:49:25

(出典 @k3IhAsmpLDINOng)

ざら速(ザラ場速報) @ときどき仮想通貨
@ZARASOKU

大阪有機化学10%高 今期上方修正、半導体材料好調: 日本経済新聞 https://t.co/Bh4hP9wyUm

2021-05-24 23:29:24

(出典 @ZARASOKU)

日経新聞-速報
@nikkei_sokuho

大阪有機化学10%高 今期上方修正、半導体材料好調https://t.co/nHFQTUGqz1

2021-05-24 20:35:06

(出典 @nikkei_sokuho)

キッポー@投資家一匹
@return_reversal

大阪有機化学10%高 今期上方修正、半導体材料好調: 日本経済新聞 https://t.co/NgoBdNtAoj

2021-05-24 20:31:29

(出典 @return_reversal)

日経電子版 マーケット
@nikkei_market

大阪有機化学10%高 今期上方修正、半導体材料好調 話題の株https://t.co/ewXEhuy60L

2021-05-24 20:30:27

(出典 @nikkei_market)