『月への旅、保険だって必要だ 未知のリスクは商機』についてTwitterの反応




月に宇宙船が着陸し、人間が滞在するようになると「生活」が始まる。三井住友海上火災保険はそのときに備えて「月保険」の開発を進めている。月の探査や生活にはどのようなリスクがあり、どこまで保険でカバーできるのか。経験したことのないリスクを見極め、月探査と宇宙ビジネスを支えようとしている。

2022年の月着陸をめざしている宇宙スタートアップ、ispace(アイスペース、東京・中央)の「HAKUTO-R」。