人生のトリセツ

これからの人生において、
豊かに暮らしていくために必要な金融の情報を発信し、
将来に役立てていただきたい。
そう思って運営をしてます。

    カテゴリ:投資信託 > 積み立てNISA


    『つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で』についてTwitterの反応


    少額投資非課税制度 (ジュニアNISAからのリダイレクト)
    2023年で一般NISAは終了し、後継の「新・NISA」がはじまる。 2024年~2028年までの制度で、積み立て(年20万円)+一般の株式や投資信託(年102万円)の2階建て制度。 2018年(平成30年)1月1日から、年間40万円の積立投資信託を20年間非課税にする「つみたてNISA」が開始され
    19キロバイト (2,748 語) - 2021年5月24日 (月) 14:16



    つみたてNISAを利用して投信での積み立てを始める20~30代が増えている。中には入社直後に専用口座を開設する人も(写真はイメージ)

    「つみたてNISA」と呼ばれる少額投資非課税制度の専用口座開設が急増している。この制度は、金融庁が2018年に創設した。投資信託を長期にわたって毎月定額購入する積み立て投資を促進するのが狙いだ。購入額の上限は年40万円。投信の売却益と配当からなる運用益への課税が20年間免除される。

    金融庁が3月に発表した速報値によると、つみたてNISAの専用口座数は20年12月末時点で300万を突破。創設1年目の18年末から2年で約3倍に増加した。つみたてNISA口座による投信の買い付け額の合計は、20年末時点で6878億円。18年末時点の約7.4倍に拡大した。

    つみたてNISAの特色の一つは、投資の対象が信託報酬などのコストが低く、分配金を頻繁に出さないといった金融庁の基準を満たす投信に限定されている点だ。20年12月23日時点で、193本が運用の対象になっている。

    金融庁の最新データ(20年9月末時点)によると、投信のタイプ別の累計購入額は、日経平均株価などの株価指数に連動するインデックス型の投信が4345億円で、全体の77%を占めた。運用担当者の裁量で組み入れ銘柄を選ぶアクティブ運用型の投信が800億円(同14%)で続く。一方、上場投資信託(ETF)は本数が少ないこともあり1億円余りで、比率は0.02%にとどまった。

    20代前半で年上限40万円の投資も

    利用者拡大の中心になっているのは20~30代の若い世代だ。つみたてNISA口座の開設者全体に占める30代以下の比率は、金融庁の最新データ(20年9月末時点)では44.3%。18年末(39.6%)から4.7ポイント増加した。

    若い世代が中心になっているのは、この世代の投資に対する関心が高まっているからにほかならない。そのため、ネット証券を中心に30代以下の証券口座の開設も急増している。例えば、楽天証券では証券総合口座が21年1~3月に65万口座増えたが、その約7割が20~30代だった。

    25歳の女性会社員のAさんは、21年2月につみたてNISAを使って積み立て投資を始めた。購入している投信は、楽天投信投資顧問が運用している「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」だ。

    これは、米資産運用大手バンガードのETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」を定期購入する円建てのインデックス投信。VTは、世界の大型株から小型株までを対象に約8000銘柄を組み入れている「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」という株価指数に連動している。

    投信という投資商品では、信託報酬が保有残高から毎日差し引かれる。楽天・全世界株式の実質的な信託報酬は、年率0.212%だ。金融庁が20年8月に発表した「国内運用会社の運用パフォーマンスを示す代表的な指標(KPI)に関する調査」の結果によると、国内で販売されている投信の信託報酬の平均は、20年3月末時点で年率1.27%。それに比べるとかなり低い。楽天・全世界株式が信託報酬を年率0.2%台に設定できているのは、バンガードの既存のインデックス型ETFを機械的に定期購入することが運用の中心で、運用の手間が少なく済むからだ。

    Aさんは年間の上限である40万円まで購入する形にしているので、毎月の購入額は3万3333円。月収が手取り20万円台で一人暮らしのAさんにとっては決して少なくない額だが、「社員寮に入っているので、住宅費や光熱費を抑えられる。この金額でも続けられる」と話す。口座のデータと連携させた家計簿アプリで運用状況を確認して、一喜一憂しているという。

    学生時代から資産運用を視野に

    23歳の男性会社員のBさんは、入社直後の20年4月につみたてNISAを利用して積み立て投資をスタートした。「学生時代からいつか資産運用をしようと思っていた」と語るBさん。勤務先での確定拠出年金(DC)加入を機に、個人での資産運用を本格的に検討。「コロナショックで相場全体が急落していたので、今なら始めやすい」と考えて、つみたてNISAの専用口座開設に踏み切った。

    購入している投信は、楽天投信投資顧問の「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、三菱UFJ国際投信が運用する「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」と「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」の計3本だ。

    楽天・全米株式インデックスは、バンガードのETF「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)」を定期購入する円建ての投信だ。VTIは米国の株式市場に上場する大型株から小型株までの約3600の銘柄を組み入れる「CRSP米国総合指数」に連動している。信託報酬は年率0.162%だ。

    eMAXIS Slim新興国株式インデックスは「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」という新興国株の指数、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)はMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスという日本株を除いた世界株の指数にそれぞれ連動する。信託報酬はそれぞれ年率0.187%、同0.1144%だ。

    Bさんは「値動きの異なる投信を組み合わせたかったので、この3本にした」と説明する。毎月の購入額は、前出のAさんと同じ3万3333円だ。

    つみたてNISAを利用して投信の積み立て投資を始めた理由として、2人とも老後資金への不安を挙げる。「現在の水準の公的年金が将来も維持されるとは思えない」とAさんは話す。

    投資偏重には要注意

    「若いうちに資産運用を始めて老後に備えるのは望ましいことだ」。ファイナンシャルプランナー(FP)の深野康彦さんはこう指摘した上で、「投資一辺倒になっていないかどうかは注意した方がいい」とアドバイスする。

    「株式や投信など元本が保証されないリスク資産への投資額は、預貯金のように元本が保証されている安全資産の額を上回らないようにすべきだ。コロナ禍のような不測の事態で収入が急減した場合、預貯金があればリスク資産を売却して生活費を捻出するようなことにならずとも済む」(深野さん)

    若いうちはライフプランが固まってもおらず、いつどんな資金が必要になるか予測もしづらい。「預貯金と積み立て投資の2本立てで老後にも備えるべきだ」と深野さんは強調する。



    mission
    @butterflybluexx

    つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で: 日本経済新聞 https://t.co/iwvrOmt7JY

    2021-05-28 08:19:16

    (出典 @butterflybluexx)

    Chackn
    @chackn_

    つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で: 日本経済新聞 https://t.co/HYI3b2kS7M

    2021-05-28 08:10:53

    (出典 @chackn_)

    よっち
    @yocchi_reading

    “つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で: 日本経済新聞” https://t.co/P5qAgdr3hO

    2021-05-28 08:07:54

    (出典 @yocchi_reading)

    dainasor(孤高の個人投資家)
    @Dainasor17

    つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で: 日本経済新聞積み立てしたとしても、最低限の勉強は必要と言いたい。何事も努力は必要。 https://t.co/p5HhvkOHIN

    2021-05-28 08:07:41

    (出典 @Dainasor17)

    日本経済新聞 電子版(日経電子版)
    @nikkei

    つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安でhttps://t.co/WWdPX7UrLh

    2021-05-28 08:05:55

    (出典 @nikkei)

    守屋 勇希/資産運用が得意なFP
    @yuki0705s

    つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で:日本経済新聞 https://t.co/z84V30REMaコロナ禍の影響もありNISAや積み立てNISAを始める人が増えています。“まとまったお金がないとできない“… https://t.co/ITvmGYE7r4

    2021-05-28 07:59:45

    (出典 @yuki0705s)

    kazu🐕️ 投資家わっしょい🙆
    @kazu_tabi88

    つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で:日本経済新聞資産増やしたいなら基本は積み立て投資!!時間とともに、着実に増えるから、まずはやってみるのが正解っ🕺✨いい流れやんっ!! https://t.co/uMo44TZa8s

    2021-05-28 07:46:20

    (出典 @kazu_tabi88)

    竹内 淑浩
    @b08c3d80e15e4a1

    つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で:日本経済新聞https://t.co/IjiQulHKsY

    2021-05-28 07:40:01

    (出典 @b08c3d80e15e4a1)

    保険にゃんこ
    @goupto7

    つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で: 日本経済新聞 https://t.co/Lc0UBuvGeV

    2021-05-28 06:28:02

    (出典 @goupto7)

    年金ニュース便
    @nenkin_info

    【年金ニュース】つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で - 日本経済新聞 / https://t.co/LKl8Iawdcc

    (出典 )

    2021-05-28 03:35:17

    (出典 @nenkin_info)

    老後終活情報
    @rougo_life

    【年金ニュース】つみたてNISA口座増加、主役は20~30代 年金不安で - 日本経済新聞 / https://t.co/d502EQmObU

    (出典 )

    2021-05-28 03:16:20

    (出典 @rougo_life)



    「将来のためにお金を蓄えておきたい」と思いつつも、学生時代のお金の扱い方から脱却できず、なかなかお金が貯まらない若手ビジネスマンも少なくないだろう。

    お金のなる木
    イメージです(以下、同じ)
     前回の「お金の貯め方」に続き、『なまけものが得をする ワンコインつみたて投資術』の著書であり、ファイナンシャルプランナーの山口京子さんに、まさに“なまけもの”でも投資初心者でも実践できる「お金を増やす」方法を聞いた。

    20世紀最大級の発見、つみたて投資

     山口さんが提唱するお金の増やし方、それはズバリ「つみたて投資」だ。

    つみたて投資は20世紀最大級の発見だと思っています。昔は投資というと、お金持ちがやるものというイメージが強かったですが、今は100円から投資ができます。1度のつみたて額は小さなお金でも、長期的に継続するのがつみたて投資の特徴です」

     詳細までは知らなくても、つみたてNISAiDeCoといった名前を聞いたことがあるという人は多いだろう。これらも毎月低額を投資していくというもので、山口先生が「20世紀最大級の発見」というつみたて投資に分類される。

     もちろん、闇雲につみたてるだけでは投資は上手くいかない。重要なつみたての対象について、山口先生は「投資信託です」と断言する。

    投資信託は、言うならば“銘柄の福袋”です。投資信託の中にはプロが選んだ国内と海外の債券や株式がたくさん入っています。投資信託を買えば国内、国外のテーマに沿ったたくさんの銘柄を全部買いできるんです」

    知れば納得、お金が増えるメカニズム

    つみたて投資

     ちなみに、投資信託とは、いわゆる博打的な投資とはかけ離れた方法だという。

    「これまで投資は、1つの株を一括で購入するというイメージを持つ人が多かった。こういった投資では、買った時点よりも株価が上がれば得ですが、下がってしまえば損、さらに会社が潰れたりしたら大損です」

     では、つみたて投資にはどういった違いがあるのだろうか。つみたて投資の特徴を山口さんはりんごを用いて説明してくれた

    「毎月100円りんごを買うとします。1か月目はりんご100円だったので1個買えました。2か月目はりんごの値段が10円に下がり、10個買えました。3か月目りんご50円だとすると、2個買えます。この時点で手元のりんごは計13個、使ったお金は300円です。りんごの値段が1個50円のとき、13個のりんごを売ったら、650円になります。つまり最初の値段の半額で売ったとしても、りんごを買ったお金300円の倍以上になります」

    りんごを一定数買うだけで損しない?

    「なぜ半額なのに大損しなかったかというと、りんごの値段が下がった時にたくさんりんごが買えたからです。一括投資は、りんごの値段によって売値が決まりますが、つみたて投資は、りんごの数×値段になります。りんごの数が増えていることが大事なのです。

     この点こそがつみたて投資の特徴です。つみたて投資は仮に投資先が一時的には下がったとしても、長い目で見て最終的に回復すれば失敗をしづらい投資術なんです

     そして、得になる可能性を高めてくれるのが投資信託だという。

    「“銘柄の福袋”の投資信託であれば、すべての会社がつぶれる事は考えにくいですよね。そんなことがあったら経済は大変なことになります。どこかの会社が潰れたとしても、他の会社が成長してくれるということが起こりうるケースでしょう。そのため、プラスになる可能性が非常に高いです」

    10年続く投資信託で「利率3%以上」は8割

    山口京子
    ファイナンシャルプランナーの山口京子さん
    日本中の投資信託を調べてみたら、10年間続いている投資信託のうち、3%以上のリターンを実現しているのは、なんと8割もありました。さらに、20年間続いている投資信託で、ずっと下がりっぱなしなものも1つありましたが、特殊な動きをするものだったりするので、そこまで心配しなくていいでしょう。ちなみにメガバンクの普通預金の金利はたったの0.001%です」

     例えば、100万円を3%のリターンがある投資信託で運用したら、約34万円増える。一気に100万円出せない人は、毎月8333円、1年でおよそ10万円、10年でおよそ100万円積み立てても、約16万円増える計算だ!

     つみたて投資の「元本割れのリスクもなくはないが、8割以上の可能性で3%以上の利回り」か、貯金の「元本割れリスクはないが、たった0.001%の利回り」。天秤にかけるなら、どちらを選ぶべきかは言うまでもない。

    つみたてNISAとiDeCoの違いって?

    nisa_ideco

     ここで、つみたてNISAiDeCoについても触れておきたい。

    「つみたてNISAiDeCoはいずれも税金面でのメリットがあります。通常もうかった部分におよそ20%の税金がかかるのですが、つみたてNISAiDeCoは、どれだけもうかっても、税金を納める必要がありません。もうけ放題です。さらに、iDeCoは年収によって違いますが、所得税と、住民税が安くなります」

     つみたてNISAは、金融庁が「長期・分散・積立」にふさわしい投資信託などを約190本選んでくれています。国が投資信託を選んでくれて、節税もできるとなると、年金がアテにならないこの時代に、国がこの投資法を推奨していると受け取ることもできる。

     つみたてNISAiDecoの大きな違いはどういった点になるのだろうか。

    iDeCoは、60歳までお金を引き下ろすことができません。つみたてNISAの場合はこういった年齢制限がありません。まだお金が少なくて心配という人は、いつでも引き出せるつみたてNISAから始めるのがよいですね」

    iDeCoを12年で1000万円を増やした

     ちなみに山口さん自身はiDeCoを12年ほど運用し、約1000万円を増やしたという。

    「我が家ではiDeCoが『個人型401k』と呼ばれていたころから夫婦2人で月9万7000円ほど積み立てをしていました。ある日ふと見てみたら2人で1000万円以上も増えていました

     羨ましいかぎりの金額であるが、山口さんは「自分はみんなよりも早く始めていただけ」だと至って冷静。誰にでもお金を増やすチャンスはあるのだ。

     ここまでで投資に興味を持ったという人もいるのではないだろうか。しかし、つみたてNISAiDeCoは、スタートするまでに金融機関への申し込みなどの準備が必要となる。投資を始めようと思ったけれど、準備でつまずくことがないように、まずは簡単な投資からはじめるのも手だろう。

    スマホですぐに投資、実はLINEでも

    「投資の超初心者向けにおススメなのが『LINEスマート投資』です」

    lineスマート投資
    LINEスマート投資公式ページより
     日々のコミュニケーションツールとして活用しているLINE。実はこのLINEの中にも投資をスタートできる機能が備えられている。

    ホーム画面のサービスの追加の中に『スマート投資』というものがあります。これをクリックして簡単な手続きを済ませればすぐに始められます。『スマート投資』の中には『テーマ投資』と『ワンコイン投資』のふたつがありますが、まずは『ワンコイン投資』を始めてください。ワンコイン投資では毎週500円からつみたてることができます

    LINEのスマート投資はオリジナルキャラクターがとっても可愛い点もおすすめ」と山口さん。投資未経験者でも楽しく始められる工夫も各所に施されている。

    「楽天のポイントで投資できる楽天証券の『ポイント投資』、あらかじめ決めておいた額のおつりを投資に回せる『トラノコ』などのサービスなどもあります。今は気軽に、そして簡単に投資をはじめることができます」

     投資の入口は近くにある。まずは小さな額からつみたて投資を始めてみてはどうだろうか。

    <取材・文/菅谷圭祐>

    【山口京子】
    1966年名古屋市生まれ。金城学院中学、金城学院高校、金城学院大学卒業。情報サイト・オールアバウト「家計簿・家計管理」「お金美人のすすめ」執筆、テレビラジオ、セミナーで活動中。著書に『お金持ち名古屋人八つの習慣』などがある
    Twitter:@fpkyoro

    【菅谷圭祐】

    大学受験情報誌、IT情報サイトなどでライター経験を積み、2018年よりフリー。最近の趣味は休日の農業、リサイクル業も兼業 Twitter:@sugaya_keisuke

    ※イメージです(以下、同じ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>




    『つみたてNISAで上限金額まで投資できたら、次の投資先は何を選ぶ?』についてTwitterの反応


    つみたてNISAで上限金額まで投資できたら、次の投資先は何を選ぶ?
    …みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。新型コロナウイルスの感染拡大がとまりませんね……。感染防止に努めながら元気に過ごした…
    (出典:Suits-woman.jp)


    少額投資非課税制度 (ジュニアNISAからのリダイレクト)
    2023年で一般NISAは終了し、後継の「新・NISA」がはじまる。 2024年~2028年までの制度で、積み立て(年20万円)+一般の株式や投資信託(年102万円)の2階建て制度。 2018年(平成30年)1月1日から、年間40万円の積立投資信託を20年間非課税にする「つみたてNISA」が開始され
    19キロバイト (2,761 語) - 2021年1月23日 (土) 13:42



    候補1:税制優遇の恩恵を受けながら自分年金を準備するiDeCo

    候補2:幅広い投資先から選べる、通常の証券口座で投資信託積立

    候補3:高配当株に投資している米国株ETF





    『つみたてNISAの商品選びのポイント 2030年まで「信託報酬ゼロ」投信も』についてTwitterの反応



    (出典 www.tsumitatenisa.jp)





    『【iDeCo】と【つみたてNISA】のキホン!投資は若いうちから始めるべし』についてTwitterの反応



    (出典 lifeplannomadoguchi.com)

    「iDeCo」と「つみたてNISA」って何なのか、まったくわかりません!

    今までスルーしてきたけど……
    最近よく聞く「iDeCo」と「つみたてNISA」。老後のためにやったほうがいいのかなぁ……なんて思いつつ、実は、なんだかよくわからないまま。
    そんな人のために、ファイナンシャルプランナーの深田さんに、最低限の基本だけをばっちり教えていただきました!

    まずはそれぞれの特徴をみてみましょう

    iDeCoもつみたてNISAも、比較的新しくできた投資の枠組み。手軽に投資をしやすいように考えられていて、どちらも税の優遇があるのが大きなメリットです(……老後のお金を自分でがんばって貯めて!という国からのメッセージでもある)。
    投資をするときに、どの株や投資信託が値上がりするかを当てるのは無理ですが、こうした節税できる制度を利用したり、手数料を抑えることはできます。「手数料と税金は、もうけの足を引っ張る2大要素。侮ってはいけません!」と深田さん。
    これから投資を始める人は、まずこの2つの制度を比べて検討してみましょう。

    iDeCo(イデコ)

    【ひとことで言うと】
    老後のためにお金を貯めると税金が安くなる制度。正式名称は「個人型確定拠出年金」。
    【利用できる人】20歳以上60歳未満の人すべて※
    【年間の投資額の上限】働き方や勤務先の制度により異なる
    14万4000円~27万6000円(会社員の場合)
    【運用途中の引き出し】原則60歳になるまで不可
    【最低加入金額】5000円 【投資商品の種類】定期預金、保険商品、投資信託
    国民年金保険料未納の人は加入不可。企業型確定拠出年金加入者は「マッチング拠出」がなく、規約に「iDeCoに加入できる」旨の記載、拠出限度額の引き下げを行えば、iDeCoに加入可能となる。
    【積立期間】60歳まで

    つみたてNISA(ニーサ)

    【ひとことで言うと】
    少額から始められ、税金優遇のある資金作りのための制度。通常、投資で得た利益にかかる約20%の税金がかからない。
    【利用できる人】20歳以上の人なら誰でも 【年間の投資額の上限】40万円
    【投資商品の種類】金融庁が定めた基準を満たす手数料が安い投資信託など
    【最低加入金額】1000円のところが多数 【運用途中の引き出し】いつでも可能
    【積立期間】最長20年間

    簡単にまとめると……

    ■節税効果がとにかく高い!
    ■初心者の投資デビューにおすすめ
    ■少ない額から始められる、資金作りの制度(つみたてNISA)
    ■長期的に行うから老後の資金作りにぴったりなんです(iDeCo)
    ■どちらかでも両方でも始められます

    【つみたてNISAの場合】

    【POINT】投資で得た利益が丸もうけ!
    普通の課税口座では、投資をしてお金が増えた場合、その利益の20%が税金として取られてしまう。
    それが、つみたてNISAなら20年間は非課税、つまりゼロになるので、とてもお得。
    ※復興特別所得増税は考慮せず。

    【iDeCoの場合】

    60歳以降にお金を引き出すiDeCoは、“自分年金”のようなものと考えて。
    掛金が全額控除の対象になったり、運用中の利益が非課税だったり、受け取る時にも優遇があって、いろいろお得。
    ちなみに……銀行の積立預金だと利息に20%の税金がかかる!
    ※復興特別所得増税は考慮せず。

    iDeCoとつみたてNISA、どうやって始めるの?

    金融機関で口座を開く

    【iDeCoの場合】

    ・毎月、掛金を払い、金融商品を買う
    金融機関により商品ラインナップや手数料は異なる
    ・60歳以降に貯まったお金を受け取る(一時金か年金方式、または組み合わせで受け取れる)
    掛金の上限は、会社員か自営業かといった立場によって異なる。また、会社に企業型確定拠出年金があるかどうかなどでも変わるので、ちょっと複雑。いずれにしても月5000円以上、1000円単位で掛金を決める。

    【つみたてNISAの場合】

    ・年間40万円まで投資信託を買える
    iDeCoと違って預金と保険は対象外
    ・好きなときに受け取れる(最長20年間積み立てられますが、いつでも売却は可能)
    最大で月額3万3333円まで金融商品を積立で買い、好きなときに引き出せるので自由度が高い。
    つみたてNISAの口座で買うことができる商品は金融庁が定めた条件に合うものだけで、どれも手数料が安い。




    このページのトップヘ