人生のトリセツ

これからの人生において、
豊かに暮らしていくために必要な金融の情報を発信し、
将来に役立てていただきたい。
そう思って運営をしてます。

    カテゴリ:投資信託 > iDeCo


    『公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも』についてTwitterの反応


    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも
    …シニアとお金 老後の備えとして、国民年金(基礎年金)と厚生年金の「公的年金」に上乗せする仕組みがある。この上乗せの仕組みは「私的年金」とも呼ばれるが…
    (出典:読売新聞(ヨミドクター))


    企業年金(きぎょうねんきん)は、私企業が勤労者の老後の生活をより豊かにするために公的年金に加えて選択的に設ける年金である。 この年金原資の運用や管理、給付などは、母体企業が設立した厚生年金基金や企業年金基金によって行われる。また規約型企業年金では、企業と受託機関が契約を結び企業
    6キロバイト (956 語) - 2020年10月4日 (日) 21:26


    企業年金は強制加入? それとも任意加入? - 年金時代
    https://info.shaho.co.jp/nenkin/column/201706/1637



    シニアとお金

    【関連記事】



    ハナさん フォトアーティスト/ Photo Artist / 長野県
    @Hayamihannah

    手続きしないと…どこにすればいいのかわからない。公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも https://t.co/w4kTTMs22s

    2021-08-27 23:37:04

    (出典 @Hayamihannah)

    piet
    @kochan2008

    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも https://t.co/pAM2YxMwou

    2021-08-27 11:10:26

    (出典 @kochan2008)

    iwashi
    @Ganchan_deesu

    情報弱者が社会的弱者になりうる、または、反対に社会的弱者は情報弱者であることが多いから、そこをどうにかして貰いたいな。公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも https://t.co/8Y5JHLHyV2

    2021-08-27 00:44:54

    (出典 @Ganchan_deesu)

    ハイパー有明
    @FJEzaWEIntOhpqB

    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも https://t.co/6Irw2UHICX

    2021-08-26 14:57:54

    (出典 @FJEzaWEIntOhpqB)

    おひとりさま終活スタイル
    @shukatsu4u

    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも | ヨミドクター(読売新聞) https://t.co/1enovepAkC

    2021-08-26 07:59:20

    (出典 @shukatsu4u)

    老後終活情報
    @rougo_life

    【年金ニュース】公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース / https://t.co/zJoVwAWttJ

    (出典 )

    2021-08-26 05:47:45

    (出典 @rougo_life)

    年金ニュース便
    @nenkin_info

    【年金ニュース】公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも(読売新聞(ヨミドクター)) - Yahoo!ニュース / https://t.co/sneyVzQKAD

    (出典 )

    2021-08-26 05:35:16

    (出典 @nenkin_info)

    ハイパー有明
    @FJEzaWEIntOhpqB

    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも | ヨミドクター(読売新聞) https://t.co/6Irw2UHICX

    2021-08-26 01:53:59

    (出典 @FJEzaWEIntOhpqB)

    のぶ@のぶ屋
    @nobu_ya_com

    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも | ヨミドクター https://t.co/6smPdxgOr1 まずは総務や人事などに聞けとあるが…たしかに総務の俺も、入社後に仕事として自分の加入手続… https://t.co/5S5kK8gOcg

    2021-08-25 20:32:31

    (出典 @nobu_ya_com)

    こいちろ
    @koichiro_nitta

    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも https://t.co/6zrhF5lLKL

    2021-08-25 16:57:52

    (出典 @koichiro_nitta)

    【公式】桑都八王子新報🇯🇵
    @Hachisoto802

    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも #SmartNews https://t.co/WOyMr3rc8l

    2021-08-25 15:16:01

    (出典 @Hachisoto802)

    良い相続.comサイト工事中
    @yoisouzoku14

    公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも https://t.co/D3vasnyi9L

    2021-08-25 08:59:41

    (出典 @yoisouzoku14)

    老後終活情報
    @rougo_life

    【年金ニュース】公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも - 読売新聞 / https://t.co/gfTIWdoirb

    (出典 )

    2021-08-25 05:47:30

    (出典 @rougo_life)

    年金ニュース便
    @nenkin_info

    【年金ニュース】公的年金に上乗せできる「企業年金」ってどんな仕組み?…税制優遇のメリットも - 読売新聞 / https://t.co/Wv7SSbXWfk

    (出典 )

    2021-08-25 05:35:18

    (出典 @nenkin_info)



    『つみたてNISA対象ファンド 米株インデックス型が上位』についてTwitterの反応






    らいら
    @hello_RaiLa

    つみたてNISA対象ファンド 米株インデックス型が上位 (日本経済新聞) https://t.co/8y6MW0Wj7s

    2021-07-15 14:28:19

    (出典 @hello_RaiLa)



    『老後資金はiDeCo・つみたてNISAで 長所・短所を比較』についてTwitterの反応


    確定拠出年金 (IDeCoからのリダイレクト)
    従業員株式所有制度 社会保険労務士 DCプランナー 確定拠出年金制度 - 厚生労働省 iDeCo公式サイト - 国民年金基金連合会 確定拠出年金に関して - 企業年金連合会 NPO法人DC・iDeCo協会 - 確定拠出年金教育協会 iDeCoポータル - 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー
    24キロバイト (4,016 語) - 2021年5月24日 (月) 14:20






    写真はイメージ=PIXTA
    写真はイメージ=PIXTA

    老後の収入の柱となるのは公的年金ですが、それだけでは足りないのが実情。老後までの長い年月を活用して「自分年金」を積み立てていくことが欠かせません。預貯金だけでなく、投資信託などの金融商品を積み立てることで、より多くの自分年金をつくることが期待できます。

    投資信託の積み立てには、税金の優遇がある「iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)」や「つみたてNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)」を使うのがセオリーです。「iDeCo」「つみたてNISA」は最近いろいろなところで取り上げられているので、名前は見聞きしたことがあるはず。でも、「どういう仕組みなの?」とか「この2つは何が違うの?」と思う人も多いでしょう。そこで今回はiDeCoとつみたてNISAの違い、メリット・デメリットを見ていきます。

    国が「自分年金」づくりをバックアップ

    「自分年金」をつくるには、時間をかけてコツコツと積み立てていくことが基本。財形貯蓄や自動積立定期預金など、毎月一定額が自動的に積み立てられる仕組みを使えばムリなくためられますが、預金などの元本が保証された金融商品の積み立てだと、お金はためられても、今のような低金利では増やすことができません。お金を増やすためには、投資信託などの値動きのある金融商品の積み立ても加える必要があります。

    国も、国民が将来、老後資金不足に陥ることがないよう、投資信託の積み立てによる資産づくりを推奨していて、それをバックアップするための制度を設けています。それが「iDeCo」と「つみたてNISA」です。

    共通しているのは「投資信託の積み立て」と「運用益非課税」

    iDeCoとつみたてNISAに共通しているのは、次の2点。

    ・毎月一定額で投資信託を買っていく、つまり積立投資をしていく仕組み

    ・積み立てた投資信託から得られる利益に税金がかからない

    金融機関に専用の口座を開設して、投資信託を1つ、または複数選んで、毎月決まった額で購入していくという基本的な仕組みは同じです。

    通常、投資信託などで得られた利益には約20%の税金がかかるのですが、iDeCoとつみたてNISAは非課税です。積立投資をするなら、税金が優遇されているこの2つの制度を使わない手はありません。

    細かいところにさまざまな違いが

    iDeCoとつみたてNISAには異なる点もいろいろあります。

    ・1年間に積み立てできる上限額

    iDeCoとつみたてNISAには、それぞれ年間の積立額に上限があります。

    iDeCoは職業や勤務先が導入している企業年金などによって、14万4000円、24万円、27万6000円、81万6000円のいずれかになるのに対して、つみたてNISAは誰でも40万円です。

    ちなみに、積み立てできる最低金額は、iDeCoが5000円以上1000円単位。つみたてNISAは金融機関によって1万円、5000円、3000円、1000円、500円、100円などとなっています。

    ・積み立てができる期間

    iDeCoは60歳になるまで(2022年5月からは65歳になるまで)。

    つみたてNISAは今のところ2042年までで、非課税期間は20年。期間の延長あるいは恒久(無期限)化が期待されますが、現状では、若い人が老後を迎える前に制度が終わってしまう可能性があります。

    ・口座管理料

    iDeCoは口座を開設するときに3000円前後の手数料が必要で、積み立てをしている間は口座管理料がかかります。口座管理料は金融機関によって月額100円台から600円台まで幅があるので、手数料の安い金融機関を選ばなければなりません。

    つみたてNISAは通常、口座管理料はかかりません。

    ・利用できる金融商品

    iDeCoは口座を開設した金融機関によって金融商品のラインアップがさまざまです。投資信託以外に預金や保険など元本保証の商品もあり、その中から自分で商品を選択します。

    投資信託には運用管理手数料(信託報酬)がかかり、手数料が高いと資産を増やす効果が抑えられます。自分年金づくりのような長期の運用では手数料の影響が大きいので、iDeCoの口座を開設する金融機関を選ぶときは、低コストの投資信託を扱っているかどうかもポイントとなります。

    つみたてNISAで利用できるのは、金融庁が設けている「長期の積立に適した低コストのもの」という基準をクリアした投資信託だけ。現在180本あまりあり、そのうちのどれを利用できるかは金融機関によって異なりますが、いずれも長期投資に向いたものなので、iDeCoに比べると選びやすいでしょう。

    ・途中引き出し

    iDeCoは原則として60歳になるまで積み立てたものを引き出すことはできません。60歳以降に全額を一時金で引き出すか、分割して年金で受け取ります。どちらの場合も、引き出した額に対して税金がかかりますが、それを軽減する仕組みがあります。

    つみたてNISAはいつでも引き出せます。必要な額だけ引き出して、その後も積立を継続するといったことも可能。引き出しに際して税金はかかりません。

    ・毎月の積立額に対する税制優遇

    iDeCoの最大のメリットは、毎月の掛け金(積立額)の全額を所得控除として収入から差し引くことができ、その結果、所得税・住民税の負担が少なくなる、という点です。例えば、年間24万円を積み立てたとすると、積立しなかった場合に比べて、4万8000円程度、所得税・住民税負担が少なくなる計算です(所得税率10%のケース)。

    iDeCoの掛け金額が高いほど、また所得が高いほど、この節税メリットが大きくなります。

    つみたてNISAにはこの優遇はありません。

    がっちり自分年金をつくるiDeCo、フレキシブルなつみたてNISA

    iDeCoは企業年金制度をベースに作られているので、仕組みがやや複雑です。口座開設には多くの場合、郵送による書類のやりとりがあり、会社員の場合は勤務先に記入してもらう書類もあるなど、手続きにも手間がかかります。60歳まで引き出しができないので、まさに「自分年金」づくりのための仕組みといえます。

    掛け金が所得控除になるメリットは大きく、節税しながら老後にしっかり備えたい人に向いているといえます。口座を開設した金融機関の変更は、現状ではとても大変なので、最初の金融機関選びが重要です。

    つみたてNISAは仕組みがシンプル。多くの銀行、証券会社で扱っていて、口座開設や金融機関の変更などもiDeCoに比べると手間がかからず、手軽に始められます。

    途中引き出しができるので、自分年金以外の目的にも利用できますが、逆に、自分年金以外のことに使ってしまって老後資金が十分に準備できなくなるリスクもあります。

    iDeCoとつみたてNISAは同時に利用することができるので、将来のお金の使いみちに合わせて上手に使い分けるとよいでしょう。



    『iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向』についてTwitterの反応


    確定拠出年金 (IDeCoからのリダイレクト)
    従業員株式所有制度 社会保険労務士 DCプランナー 確定拠出年金制度 - 厚生労働省 iDeCo公式サイト - 国民年金基金連合会 確定拠出年金に関して - 企業年金連合会 NPO法人DC・iDeCo協会 - 確定拠出年金教育協会 iDeCoポータル - 日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー
    24キロバイト (4,016 語) - 2021年5月24日 (月) 14:20




    手厚い税制優遇で知られる個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の加入者が足元で200万人に達したもようだ。加入対象が大きく広がった2017年以降で6.5倍に急拡大している。ただ加入可能者数に対する比率では、実はまだ数%程度と低い水準だ。

    ▼iDeCo 老後に備えて投資信託などで運用する年金制度の一つ。日本の年金制度は3階建てで、1階部分がすべての人が対象の国民年金(基礎年金)、2階部分が会社員などが加入する厚生年金となっている。任意加入の個人型確定拠出年金(イデコ)は3階部分にあたり、企業が提供する確定給付企業年金や企業型確定拠出年金とともに私的年金に分類される。

    イデコの利点は掛け金の全額が所得・住民税の課税対象からはずれる所得控除となるところ。運用中は運用益に税金がかからないほか、受取時にも退職所得控除や公的年金等控除の対象になる。年金という性質上、途中で掛け金を引き出すことはできないが、老後の資金形成に有利な設計となっている。...



    StockMan
    @stockman_in

    そんな困ったときに取り出せない金を預けられるほど、生活に余裕がないっていうだけでは? // iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向: 日本経済新聞 https://t.co/jts7EDRtAL

    2021-06-08 16:54:29

    (出典 @stockman_in)

    Jen
    @jenjen7777kkk

    不労所得と思ってるのwiDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向: 日本経済新聞 https://t.co/2nDNKmT6RX

    2021-06-08 16:49:35

    (出典 @jenjen7777kkk)

    2NN ビジネスニュース+
    @2NN_Bizplus

    【金融】iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向 https://t.co/9UEus7WMYE

    2021-06-08 16:41:55

    (出典 @2NN_Bizplus)

    竹川美奈子
    @minakotakekawa

    日経新聞田村編集委員の記事。竹川もコメントしています。企業年金のない会社員や自営業・フリーランス、厚生年金適用となっていない給与所得者などはiDeCo(個人型確定拠出年金)の活用を検討してほしいです→iDeCo200万人時代の希… https://t.co/7W73waNsoJ

    2021-06-08 15:33:40

    (出典 @minakotakekawa)

    日経 Top
    @nikkei_top

    [日本経済新聞] iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向 (会員限定) https://t.co/D9Ldljvtu1

    2021-06-08 13:08:55

    (出典 @nikkei_top)

    山ボーイ
    @yamaboys

    iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向: 日本経済新聞 https://t.co/aamr03qVHL やらなきゃ損

    2021-06-08 12:51:02

    (出典 @yamaboys)

    ぐりっと
    @glit_0727

    iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向: 日本経済新聞 https://t.co/3sBn0bdWKl

    2021-06-08 12:44:37

    (出典 @glit_0727)

    nanja
    @nanjakorewa

    iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向: 日本経済新聞 https://t.co/CjSm3wzf1f

    2021-06-08 12:28:43

    (出典 @nanjakorewa)

    へみゅたん!(春イベ2021甲乙乙乙乙←これはポニテじゃないんだからね!)
    @hemyutan

    iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向: 日本経済新聞 https://t.co/vqcA31W7b6国民年金や厚生年金の受給が有耶無耶になるうえ若手に年金給付が見込めない以上、自身で積み立てるのは当然の摂理。… https://t.co/3eY5pAAOJh

    2021-06-08 12:27:47

    (出典 @hemyutan)

    mike
    @mika_f_kk

    良きですねiDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向:日本経済新聞 https://t.co/va7fXkIMOC

    2021-06-08 12:10:29

    (出典 @mika_f_kk)

    酔仙亭響人
    @suisenteikyohji

    iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向:日本経済新聞 https://t.co/gA3oWdK5dU

    2021-06-08 11:55:34

    (出典 @suisenteikyohji)

    冴えない商社マン@米国株投資
    @Saenaishoshaman

    株クラ界隈では加入が当たり前の印象ですが、実際には増加してはいるものの、加入者は200万人程度に留まり、加入率は約4%程度とのこと💡加入者はまだまだマイノリティなんですね🤔iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者… https://t.co/dSRoa2QmZZ

    2021-06-08 11:42:17

    (出典 @Saenaishoshaman)

    NoName
    @iwakatsu_zz10

    加入率=全体で4%とのこと。意外とそんなもんなんだね。30%くらいはやってるもんだと思ったけど。/iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向: 日本経済新聞 https://t.co/4Qe99qmChb

    2021-06-08 11:30:29

    (出典 @iwakatsu_zz10)

    日本経済新聞 電子版(日経電子版)
    @nikkei

    iDeCo200万人時代の希望と不安 カギ握る若者の動向https://t.co/Hrg3wjgKPF

    2021-06-08 11:17:45

    (出典 @nikkei)



    『iDeCoより節税効果の高いユニクロ型確定拠出年金とは?』についてTwitterの反応


    iDeCoより節税効果の高いユニクロ型確定拠出年金とは?
    …前回、「iDeCo=節税商品」の誤解と真実を解説では節税効果を3つに分解し、それぞれ真偽を問いました。今回はiDeCoより節税効果が高く、現時点で最…
    (出典:高橋成壽)



    社会保険料も減らせるユニクロ型選択制DCとは?

    まず選択制DCについて説明が必要でしょう。勤務先で導入できる年金制度は確定給付型企業年金(DB)と確定拠出型企業年金(DC)があります。確定給付型企業年金は受け取れる金額が予め定まっており(給付額が確定)、誰でも結果が保証されている仕組みです。確定拠出型企業年金は毎月の積立額を決める(拠出額が確定)のですが、運用は加入者に一任され結果は保証されない仕組みです。

    企業型確定拠出年金制度は通常、社員全員が対象になります。しかし、選択制DCは加入するかどうかを社員が選ぶことができます。給与の一部を確定拠出年金に振り分けることで所得が減少します。拠出額ははじめから所得とみなさないため、所得税・住民税以外にも「社会保険料」を削減する効果があります。

    従って、選択制DCとiDeCoを比べると明らかに選択制DCが有利です。金融庁がiDeCoやNISAなどの非課税制度を喧伝しているので、iDeCoに高い節税効果があると思っている人が多いようですが、実際は選択制DCの方がメリットの数、額とも多いです。

    iDeCoよりも凄い節税メリットとは?

    iDeCoと選択制DCの違いは、(1)社会保険料の圧縮効果、(2)維持費の負担がないことです。iDeCoと選択制DCのいずれも、元本確保タイプの金融商品を購入した場合、金利はほぼゼロですから、貯める効果はあっても増やす効果はありません。ただiDeCoのように、維持費がかかる場合、金利<維持費となります。他の制度とフラットに比較することも必要ではないでしょうか。

    またiDeCoは所得控除を活用できますが、選択制DCに比べると効果が限られています。つまり、どちらも所得ではない扱いだからこそ、所得税と住民税が減るにもかかわらず、iDeCoは社会保険料を減らせません。社会保険料は元の収入に対してかかるので、見かけ上収入を抑えるように見えるに過ぎません。同じ給与支給額の人が、選択制DCとiDeCoを比べれば、明確に選択制DC優位となるでしょう。

    かつ、社会保険料の削減効果は勤務先にも及びます。社会保険料を労使合計で20%だとすると、拠出した金額の10%ずつの社会保険料負担が減ります。社会保険料は社会保険年度で計算するため、即座に社会保険料が下がるわけではありません。しかし、かけ金額にもよりますが、社会保険料負担を引き下げることができます。

    詳しく知りたい人は、全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険料額表を確認してください。給与支払額から選択制DCの拠出額を差し引いた分が報酬月額のどこに該当するか。報酬月額の該当する健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料それぞれの選択制DC加入前との差額が勤務先と加入者の社会保険料削減メリットとなります。

    社会保険料が下がるとデメリットもあります。社会保険から給付を受ける場合の受取額が減ることです。将来の老齢年金、遺族年金、障害年金などの年金関連以外にも、健康保険や雇用保険からの給付制度も減額となる可能性があります。

    また、拠出額次第では報酬月額が変わらず社会保険料削減効果がない場合もあります。個人での効果と会社全体での効果を検討すると良いでしょう。

    ■ユニクロ型選択制DCの知名度が低いわけ

    ユニクロ型選択制DCという名称をはじめて聞いた人も多いかも知れません。ファイナンシャルプランナーの業界では、ユニクロが導入したときに制度を熟知して抜け目ない活用をする会社だと話題なりました。

    一方で、会社にとっては社会保険料削減という大きなメリットがある一方で、従業員にとっては前述のように、老齢年金、障害年金、遺族年金(いずれも厚生年金)、健康保険、雇用保険の給付でデメリットになる側面も否定できません。従って、組合が強い企業や制度を理解できない会社は導入を躊躇することもあるでしょう。

    そもそも、制度の認知度が低いですから、知らない人が多いのは当たり前です。選択制DCは国民の金融リテラシーというよりも、経営者や人事総務などの間接部門・スタッフ部門の人たちがどれだけ社員にメリットをもたせるかという考え方の差であるとも言えます。

    日本経済新聞(2011年1月26日)の記事を確認すると、ユニクロが導入したのは確定拠出年金制度が導入されて間もない2002年ですから、約20年前です。他に、JFEスチール、ヤマト運輸なども導入しているとあります。

    知名度が低いのではなく、知っている人はとっくにやっていて、iDeCoの方がメリットが低いのを知っているから、iDeCoの加入者数が200万人を超えないという考え方もできます。

    もし、選択制DCに興味を持たれた人は、勤務先に「制度をできるのか、導入しない理由」を聞いてみるのもいいかも知れません。すでに導入が不可能なのか、単に知らないだけなのか、会社の情報収集力を確認するきっかけにできるでしょう。

    いかがでしょうか。iDeCoと選択制DCはどちらがより効果がありそうですか?



    ぼ~ぬん
    @beaune1011

    iDeCoより節税効果の高いユニクロ型確定拠出年金とは?(高橋成壽) - Y!ニュース https://t.co/rai8NjTk0a

    2021-05-01 18:03:37

    (出典 @beaune1011)

    nakake
    @nakake8

    iDeCoより節税効果の高いユニクロ型確定拠出年金とは?(高橋成壽) - Y!ニュース ナイキさんの配信で話題に一瞬出たのがコレ。節税効果が大きい。https://t.co/WEOfbsSPv8

    2021-05-01 16:55:46

    (出典 @nakake8)

    年金ニュース便
    @nenkin_info

    【年金ニュース】iDeCoより節税効果の高いユニクロ型確定拠出年金とは?(高橋成壽) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース / https://t.co/5fTv7dXZOA

    (出典 )

    2021-05-01 16:01:04

    (出典 @nenkin_info)

    老後終活情報
    @rougo_life

    【年金ニュース】iDeCoより節税効果の高いユニクロ型確定拠出年金とは?(高橋成壽) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース / https://t.co/aHFcLftLa5

    (出典 )

    2021-05-01 15:53:16

    (出典 @rougo_life)


    このページのトップヘ