人生のトリセツ

これからの人生において、
豊かに暮らしていくために必要な金融の情報を発信し、
将来に役立てていただきたい。
そう思って運営をしてます。

    カテゴリ: 助成金


    『ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も』についてTwitterの反応


    詐欺の一種。 2004年11月まではオレオレ詐欺 と呼ばれていたが、手口の多様化で名称と実態が合わなくなったため、特殊詐欺の内の4つの型(なりすまし詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺)を総称して、2004年12月9日に警察庁により統一名称として「振り込め詐欺
    66キロバイト (8,976 語) - 2021年6月1日 (火) 02:09




    税金などの還付が受けられると偽って現金を振り込ませる「還付金詐欺」が頻発するなか、東京都内の金融機関がATMでの携帯電話の利用自粛を求めている。高齢者が電話でATMの操作を指示される例が目立ち、店舗での職員による声掛けのほか、大手行は電波を感知し通話を中断させる機器も導入した。新型コロナウイルス禍も相まって足元の被害額は急増しており、入金現場での懸命な〝水際対策〟が続く。






    まーくん@金沢
    @markun891

    🏦ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/lMiv20Ct5E

    2021-06-17 08:17:00

    (出典 @markun891)

    kino-chu
    @kinochu_RS_6MT

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/Sw2sCLJFX8

    2021-06-17 08:11:46

    (出典 @kinochu_RS_6MT)

    うしっクマ✘✘
    @bullbear48

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/1Hpuq9uot5

    2021-06-17 08:10:19

    (出典 @bullbear48)

    日本経済新聞 電子版(日経電子版)
    @nikkei

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断もhttps://t.co/2LoLKtEDDH

    2021-06-17 08:05:53

    (出典 @nikkei)

    満州中央銀行
    @kabutociti

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/z9yZthZ7zR

    2021-06-17 07:35:53

    (出典 @kabutociti)

    Dara Kuuda(陀羅 空駄)
    @saiougaumadoshi

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も日本経済新聞 https://t.co/60Ty7Dir0Q

    2021-06-16 23:56:25

    (出典 @saiougaumadoshi)

    matrix
    @matrix____

    根本的解決には振り込め詐欺を標的にした厳罰化の法整備しかないですね。「ATMで広がる携帯禁止、還付金詐欺阻止へ電波遮断も」日本経済新聞 https://t.co/D4Mc3OtzUD「銀行は電波を感知し通話を中断させる機器を導入した」

    2021-06-16 23:30:36

    (出典 @matrix____)

    ざら速(ザラ場速報) @ときどき仮想通貨
    @ZARASOKU

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/VykvAkyDwW

    2021-06-16 22:47:40

    (出典 @ZARASOKU)

    あんちゅbo🦭t
    @anchu_day

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/fdHLpLa5q3

    2021-06-16 19:23:51

    (出典 @anchu_day)

    えふすく
    @FSQUARE

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断もhttps://t.co/3qLMhXM6Kp>高齢者が電話でATMの操作を指示される例が目立ち、店舗での職員による声掛けのほか、大手行は電波を感知し通話を中断させる機器も導… https://t.co/yKoDG4A1QW

    2021-06-16 19:18:53

    (出典 @FSQUARE)

    日経 Top
    @nikkei_top

    [日本経済新聞] ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も (会員限定) https://t.co/GDXcpvctsU

    2021-06-16 19:12:55

    (出典 @nikkei_top)

    gorinotsukudani
    @gorinotsukudani

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/XGmp97FLUZ 高齢者が電話でATMの操作を指示される例が目立ち、店舗での職員による声掛けのほか、大手行は電波を感知し通話を中断させる機器も導入した。

    2021-06-16 19:01:11

    (出典 @gorinotsukudani)

    日経新聞-速報
    @nikkei_sokuho

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も[有料会員限定]https://t.co/NjXGf2JK5o

    2021-06-16 18:25:04

    (出典 @nikkei_sokuho)

    ゆっきー❄:;((>﹏<๑));:❄梅雨涼しい!
    @yuki_yukki_X

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も:日本経済新聞https://t.co/08SQ2ZYbim

    2021-06-16 18:13:02

    (出典 @yuki_yukki_X)

    年金ニュース便
    @nenkin_info

    【還付ニュース】ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も - 日本経済新聞 / https://t.co/pVLvyIikwl

    (出典 )

    2021-06-16 18:04:31

    (出典 @nenkin_info)

    YOSHI
    @yoshi198502

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/StnMSvOZCO

    2021-06-16 17:54:40

    (出典 @yoshi198502)

    朝顔®︎@ 🍅agricultural trader
    @ryukyuasagao

    ATMで広がる携帯禁止 還付金詐欺阻止へ、電波遮断も: 日本経済新聞 https://t.co/BxOJVL1xqb

    2021-06-16 17:17:28

    (出典 @ryukyuasagao)

    カズミニッツ
    @kazminutes2020

    ATMで広がる携帯禁止還付金詐欺阻止へ、電波遮断も(日経新聞)https://t.co/ayvUrcg0vj

    2021-06-16 17:14:37

    (出典 @kazminutes2020)



    『【新型コロナ】飲食店が活用できる「給付金・補助金・助成金・融資制度」総まとめ -最新版-』についてTwitterの反応



    画像素材:PIXTA

    新型コロナ感染拡大の第4波は、変異株の出現とともに猛威を振るい、全国の飲食店は窮地に立たされている。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出ている地域はもちろん、それ以外のエリアでも飲食店の休業・時短要請がなされるなど、事態は深刻だ。一方で、国や自治体は様々な財政支援を打ち出している。そこで今回は、現在(令和3年5月時点)飲食店が活用できる支援金や融資制度についてまとめた。ぜひ資金繰りの参考にしてほしい。

    【注目記事】わずか10坪で月商650万円を誇る『食堂かど。』。異例の「三毛作営業」が功を奏す

    飲食店が使える助成・補助・給付金

    ■事業再構築補助金
    2021年3月に新規創設された、新型コロナウイルスの追加経済対策。新分野展開や業態転換、事業・業種転換、事業再編またはこれらの取り組みを通じた規模の拡大を目指す中小企業等を支援するもの。

    【申請期間】
    5月12日頃から二次公募を開始(一次公募は終了)、7月上旬まで申請受付予定

    【補助額】
    中小企業:100万円~6,000万円、または6,000万円超~1億円(補助率2/3)
    中堅企業:100万円~8,000万円、または8,000万円超~1億円(補助率1/3~1/2)

    【申請の要件】
    以下3点をすべて満たすこと

    1、申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年または2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等

    2、事業再構築にかかる事業計画を、認定経営革新等支援機関や金融機関と策定し、一体となって事業再構築に取り組む中小企業等

    3、補助事業終了後3~5年で、付加価値額(営業利益、人件費、減価償却費を足したもの)の年率平均3.0%(一部5.0%)以上、または従業員一人当たり付加価値額の年率平均3.0%(一部5.0%)以上の増加を見込む事業計画を策定する

    <緊急事態宣言特別枠>
    通常枠の申請要件を満たしたうえで、緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や、不要不急の外出・移動の自粛等の影響を受けたことにより、令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者が対象

    【緊急事態宣言特別枠の補助額】
    従業員数5人以下:100万円~500万円
    従業員数6人~20人:100万円~1,000万円
    従業員数21人以上:100万円~1,500万円
    ※補助率は中小企業3/4、中堅企業2/3
    ▼事業再構築補助金(中小企業庁)

    画像素材:PIXTA

    ■小規模事業者持続化補助金(一般型)
    小規模事業者等が経営計画を策定して行う、販路開拓等の取り組みを支援するもの。

    【応募締切】2021年6月4日 ※何次かに分け、2022年2月頃まで申請受付予定

    【補助額】上限50万円(補助率2/3) ※共同申請可能

    【補助対象者】小規模事業者。商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)の場合は、常時使用する従業員の数が5人以下

    【補助対象費】売上拡大・地道な販路開拓にかかる経費
    例)外国語版Webサイトの作成、店舗改装、チラシ作成、広告掲載など
    ▼小規模事業者持続化補助金

    ■小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)
    小規模事業者等によるポストコロナを見据えたビジネスモデル転換の取り組み費用や、感染防止対策費(消毒液購入費、換気設備導入費等)の一部を支援するもの。

    【応募締切】2021年7月7日
    ※何次かに分け、2022年3月頃まで申請受付予定
    ※補助金申請システム「jGrants」(Jグランツ)による電子申請でのみ受付

    【補助額】上限100万円(補助率3/4)

    【補助対象者】小規模事業者。商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)の場合は、常時使用する従業員の数が5人以下

    【補助対象費】対人接触機会の減少を目的とした、新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等にかかる経費
    例)大部屋を個室にする間仕切りの設置、オンライン予約システムの導入、対人接触機会の減少を目的としたテイクアウト・デリバリーサービスの導入、ECサイトの構築など

    <緊急事態宣言再発令による特別措置>
    感染防止対策費については、補助金総額の1/4(最大25万円)を上限に補助対象経費に計上することが可能だが、特別措置を適用する事業者は、補助金総額の1/2(最大50万円)へ上限が引上げられる(審査時に加点措置が行われることにより優先採択される)。

    緊急事態宣言の再発令によって、2021年1~3月のいずれかの月の売上高が2019年または2020年の同月比で30%以上減少した事業者が適用対象。
    ▼小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)
    ▼持続化補助金(一般型・低感染リスク型ビジネス枠)

    画像素材:PIXTA

    ■IT導入補助金 通常枠(A・B類型)、低感染リスク型ビジネス枠(C・D類型)
    通常枠は事業上の課題やニーズに応じたITツール導入経費の一部を補助し、業務効率化や売上アップをサポートするもの。低感染リスク型ビジネス枠(C・D類型)は、ポストコロナを見据えた業務形態の非対面化に取り組む中⼩企業・小規模事業者等に対し、通常枠(A・B類型)よりも補助率を引き上げて優先的に支援するもの。

    【補助対象者(A・B類型、C・D類型)】
    1、飲食を含むサービス業などにおいて、資本金5,000万円、または従業員数100人の中小企業事業者

    2、商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く)において、従業員数5人以下の小規模事業者

    【補助対象経費】
    ソフトウェア費、導入関連費。低感染リスク型ビジネス枠(C・D類型)は左記に加え、ハードウェアレンタル費等も対象

    【補助金の上限・下限】
    A類型:30万円~150万円未満、B類型:150万円~450万円以下(補助率1/2以内)
    C類型:30万円~450万円以下、D類型:30万円~150万円以下(補助率2/3以内)
    ※類型の詳細は公募要項を参照
    ▼IT導入補助金2021

    画像素材:PIXTA

    ■雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)
    コロナ禍で事業活動が縮小した場合、従業員の雇用維持を図るため、事業者に対して休業手当などの一部を助成するもの。特例期間は6月30日まで延長されたが、原則的措置においては、5月から助成率や支給上限額が引き下げられる等、一部内容が変更されている。

    【支給対象者】
    以下の条件を満たす、すべての業種の事業主
    1、コロナの影響により経営環境が悪化し、事業活動が縮小している
    2、最近1か月間の売上高または生産量などが前年同月比で5%以上減少している
    3、労使間の協定に基づき休業などを実施し、休業手当を支払っている

    【助成対象】
    事業主に雇用された雇用保険被保険者に対する休業手当など
    ※学生アルバイトなど、雇用保険被保険者以外の方に対する休業手当は、「緊急雇用安定助成金」の助成対象

    【5月以降の助成額と助成率】
    1、原則的措置
    中小企業:4/5(解雇しない場合は9/10)
    大企業:2/3(解雇しない場合は3/4)
    1日当たりの支給上限額:13,500円

    2、業況特例
    売上高等の生産指標が最近3か月平均で前年または前々年同期に比べ、30%以上減少している全国の事業主が該当。
    中小企業:4/5(解雇しない場合は10/10)
    大企業:4/5(解雇しない場合は10/10)
    1日当たりの支給上限額:15,000円

    3、地域に係る特例
    緊急事態宣言対象区域、まん延防止等重点措置適用区域において、都道府県知事の要請を受けて営業時間の短縮等に協力する事業主が該当。
    中小企業:4/5(解雇しない場合は10/10)
    大企業:4/5(解雇しない場合は10/10)
    1日当たりの支給上限額:15,000円
    ※緊急事態宣言対象区域の助成額・助成率については、現時点での予定
    ▼雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特例)

    画像素材:PIXTA

    ■一時支援金
    2021年1月に発令された緊急事態宣言の影響緩和のための給付金。4月以降に実施された緊急事態措置・まん延防止等重点措置に関する給付金は、後述する「月次支援金」が該当する。

    【申請受付期間】
    2021年3⽉8⽇〜5⽉31⽇

    【対象】
    緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や、不要不急の外出・移動の自粛により影響を受け、売上が減少した中堅・中小事業者など

    ※飲食店については、時短営業協力金を支給される場合は対象外だが、昼間のみに営業を行っている等、時短営業協力金の支給対象になっていない飲食店、または観光地などにおいて観光客が激減した飲食店などは、要件を満たせば給付対象となる

    【要件】
    緊急事態宣言発令地域の飲食店と直接・間接の取引があること、または不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けたことにより、2021年1月から3月までのいずれかの月の売上高が、対前年または対前々年比において、50%以上減少している

    【給付額】
    中⼩法⼈等:上限60万円
    個⼈事業者等:上限30万円
    ▼一時支援金

    ■月次支援金
    2021年4月以降に発令された緊急事態措置、またはまん延防止等重点措置の影響緩和を目的とした給付金。給付要件等は現在引き続き検討中のため、変更になる可能性がある。

    【申請受付期間】
    2021年6月以降で時期検討中

    【対象】
    緊急事態措置またはまん延防止等重点措置が実施される地域において、休業・時短営業を行う飲食店と直接・間接の取引があること、または不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けたことにより、2021年の月間売上が2019年または2020年の同月比で50%以上減少している事業者

    【給付額】
    中⼩法⼈等:上限20万円/月
    個⼈事業者等:上限10万円/月
    ▼月

    画像素材:PIXTA

    飲食店が使える融資制度

    ■新型コロナウイルス感染症特別貸付(日本政策金融公庫)
    新型コロナウイルス感染症の影響で、最近1か月の売上高または過去6か月の平均売上高が、前年または前々年の同時期と比べて5%以上減少している事業者等が対象。特別利子補給制度(後述)と併用すれば、実質無利子となる。

    用途:運転資金、設備資金
    貸付期間:設備20年以内、運転15年以内(うち据置期間5年以内)
    融資限度額:中小事業 6億円、国民事業 8,000万円
    金利:当初3年間は基準金利-0.9%、4年目以降は基準金利
    ▼新型コロナウイルス感染症特別貸付

    ■危機対応融資(商工中金)
    新型コロナウイルス感染症の影響を受け、最近1か月の売上高または過去6か月の平均売上高が前年または前々年の同時期と比べて、5%以上減少している事業者等が対象。コロナ特別貸付同様、特別利子補給制度と併用することで、実質無利子。

    用途:運転資金、設備資金
    貸付期間:設備20年以内、運転15年以内(うち据置期間5年以内)
    融資限度額:6億円
    金利:当初3年間は基準金利-0.9%、4年目以降は基準金利
    ▼新型コロナウイルス感染症に関する特別相談窓口

    画像素材:PIXTA

    ■特別利子補給制度
    上記に挙げた「新型コロナウイルス感染症特別貸付」や「危機対応融資」等で借入を行った事業者のうち、下記要件を満たす事業者を対象に利子補給を実施する制度。

    売上高要件:個人事業主=要件なし、小規模企業者=売上高15%以上減少、中小企業者=売上高20%以上減少
    利子補給期間:借入後当初3年間
    補給対象貸付上限額:中小事業・商工中金2億円、国民事業4,000万円
    ▼特別利子補給事業

    ■セーフティネット保証4号・5号
    経営が悪化している中小企業者が対象。一般保証とは別枠で最大2.8億円の保証を利用できる。「4号」の対象は最近1か月の売上高が前年同月と比べ、20%以上減少している全国47都道府県の事業者等。一般枠とは別枠で融資額の100%を保証する。一方「5号」は、最近1か月の売上高が前年同月と比べ、5%以上減少している事業者等が対象。一般枠とは別枠(最大2.8億円)で融資額に対する80%を保証する。
    ▼セーフティネット保証4号・5号

    ■危機関連保証
    一般保証とセーフティネット保証枠とは別枠(最大2.8億円)で、融資額に対する100%を保証。全国・全業種(一部対象外の業種あり)の事業者が対象で、最近1か月の売上高が前年同月と比べ15%以上減少していることが条件となる。
    ▼危

    画像素材:PIXTA

    時短協力金等の支援を実施している自治体一覧

    ■北海道
    例)まん延防止等重点措置協力支援金(札幌市)

    ■青森県
    例)青森市新型コロナウイルス感染症感染拡大防止協力金

    ■宮城県
    例)感染症拡大防止協力金(第6期)(仙台市)

    ■秋田県
    例)新型コロナウイルス感染症対策飲食店支援金(秋田市)

    ■福島県
    例)新型コロナウイルス感染症感染拡大防止協力金(須賀川市)

    ■茨城県
    例)茨城県新型コロナウイルス感染症拡大防止営業時間短縮要請協力金(令和3年4月5月分)

    ■群馬県
    例)感染症対策営業時間短縮要請協力金(令和3年5月8日~5月21日)

    ■埼玉県
    例)埼玉県感染防止対策協力金(第9期)

    ■千葉県
    例)千葉県感染拡大防止対策協力金(第6弾)

    画像素材:PIXTA

    ■東京都
    例)営業時間短縮等に係る感染拡大防止協力金(5/12~5/31実施分)

    ■神奈川県
    例)新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第10弾)

    ■愛知県
    例)愛知県感染防止対策協力金(4/20~5/31実施分)

    ■大阪府
    例)大阪市内の飲食店等を対象とする大阪府営業時間短縮協力金 ※市外版もあり

    ■兵庫県
    例)新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(飲食店向け)

    ■福岡県
    例)【第7期】福岡県感染拡大防止協力金

    ■宮崎県
    例)【5/5~5/23】宮崎市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金

    ■鹿児島県
    例)鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策時短要請協力金

    ■沖縄県
    例)感染拡大防止対策協力金(第6期)

    ※時短協力金については以下の記事でも詳しく紹介中。
    【4月・5月】飲食店の「時短営業協力金」14都府県の概要まとめ。東京・大阪・兵庫ほか

    こうした時短・休業要請等に対する協力金のほか、飲食店への家賃支援、人的・物的支援等、独自の支援を行っている地域は多い。自店を構える自治体の情報はこまめに確認し、要項を満たせる支援等があれば、ぜひ積極的に活用してほしい。








    『あなたも当てはまる?住民税が免除される人とは?』についてTwitterの反応


    住民税(じゅうみんぜい)は、日本の税金のうち、都道府県民税と市町村民税を合わせていう語。特に、個人に対する都道府県民税と市町村民税は、地方税法に基づき市区町村が一括して賦課徴収することから、この2つを合わせて住民税と呼ぶ。 その年の1月1日現在で居住しているところ(原則として住民
    13キロバイト (1,845 語) - 2021年3月14日 (日) 15:12






    ◆住民税の負担が免除されるのは「税金を負担する力が乏しい」と判断された場合
    個人にかかる都道府県民税と市区町村民税をあわせて一般的に「個人住民税」といいます。住民に身近な行政サービスを受けてもらうのに必要な経費を、住民個々人にあてはめ、税金を負担する力(担税力といいます)に応じて住民税額が算定されます。

    つまり、税金を負担する力が乏しい(あるいはない)人は住民税の負担が免除されることもあるということです。住民税の負担が免除となる状況を、住民税がかからない、つまり「非課税」であるといういい方をすることもあります。

    住民税の負担が免除される(非課税となる)ケースとはどのような状況なのでしょうか。個人住民税の種類と税金のかかり方をみていきましょう。

    ◆個人住民税は大きく分けて2種類ある。「所得割」と「均等割」
    一般的に個人住民税というのは

    ■前年の所得金額に応じて支払う……所得割
    ■一定額で課税される……均等割

    の2種類があります。個人住民税が免除される方という場合、所得割・均等割とも非課税なケースと所得割のみ非課税なケースとがあるのですが、両方のケースをみていきます。

    預貯金の利息等にかかる利子割、株の配当や譲渡をした場合にかかる配当割や譲渡割も個人にかかる住民税ですがここでは割愛します。

    ◆所得割・均等割ともに非課税の3ケース
    まず、上記の所得割・均等割ともに非課税であるケースとは

    ・生活保護法による生活扶助を受けている方
    ・障害者・未成年者・寡婦またはひとり親(令和2年より創設)で、前年中の合計所得金額が135万円以下(給与所得者の場合であれば年収204万4000円未満の場合これに該当します)
    ・前年中の合計所得金額が市区町村の条例で定める額以下の方

    の3ケースです。

    東京都の条例では、以下のようなケースとされています。

    ■控除対象配偶者または扶養親族がいる場合
    合計所得金額が【35万円×(本人・控除対象配偶者・扶養親族の合計人数)+31万円以下】

    ■控除対象配偶者または扶養親族がいない場合
    合計所得金額が【45万円以下】

    なお、この45万円のことを「住民税非課税限度額」といいます。

    よく給与所得者の場合、「年収103万円まで所得税がかからない、100万円以下なら所得税も個人住民税もかからない」などといわれることがあります。

    ここでいう100万円がどのように算定されたのかというと、年収100万円-55万円(年収162万5000円までなら差し引ける給与所得控除額の最低額)が控除対象配偶者または扶養親族に該当する人がいない場合でも合計所得金額45万円以下になることから、所得割・均等割とも課税される根拠がなくなるという仕組みがあるのです。

    算式で説明すると

    ・100万円(給与の年収)-55万円(給与所得控除額の最低額)=45万円(所得金額)

    とまず所得金額が算定され、その後

    ・45万円(所得金額)-45万円(住民税非課税限度額)=0円

    となるので、住民税率が課される金額がそもそも存在しない、ということになるのです。

    ◆所得割が非課税なケースとは
    所得割が非課税なケースとは、上記の条例が下記のように置き換わるとおさえておくといいでしょう。

    ■控除対象配偶者または扶養親族がいる場合
    総所得金額等が【35万円×(本人・控除対象配偶者・扶養親族の合計人数)+42万円以下】

    ■控除対象配偶者または扶養親族がいない場合
    総所得金額等が【45万円以下】

    すでに述べたように、住民税の主たる部分を占める所得割は前年の所得の状況に応じて計算されます。

    具体的にいえば、令和元年の所得の状況に応じて令和2年度の住民税が、令和2年の所得の状況に応じて令和3年度の住民税が課されるのです。したがって、「令和3年度の住民税がかかるかどうか」は令和2年分の所得の状況の算定結果によるので、令和元年と令和2年ではどのような税制改正があったのかを理解しておくことも重要です。

    おもだったことを記しておくと図表のとおりです。
    個人住民税均等割・所得割非課税限度額税制改正の概要ほか <出典:東京都主税局より>

    ◆パターン別、住民税が非課税になるケースとは
    ■単身者の給与所得者の場合
    これは上記で紹介したように100万円です。計算式は

    ・100万円(年収)-55万円(給与所得控除額)-45万円(住民税非課税限度額)=0(課税対象額)

    ということから逆算できます。

    ■控除対象配偶者がいる給与所得者の場合
    これは156万円と算定ができます。算式は

    ・156万円(年収)-55万円(給与所得控除額)-(35万円×2名)-31万円=0

    ■控除対象配偶者&子ども2人がいる給与所得者の場合
    これはおおよそ256万円と算定ができます。計算式は

    ・255万9999円(年収)-85万800円(給与所得控除額)-(35万円×4名)-31万円≦0

    (※上記事例は給与所得控除額と東京都における住民税の所得割&均等割がともに非課税となるケースで算定しています)

    ◆未婚のひとり親であっても住民税がかからない年収基準とは
    また、所得割および均等割とも非課税とされた寡婦または寡夫という前提条件が寡婦またはひとり親というように改正されています。

    「ひとり親控除」という新たな所得控除が創設されたのでその内容をおさえておきましょう。イメージ図は画像のとおりです。
    2020年以降創設されたひとり親控除のイメージ図 (出典:財務省資料より)
    図のように未婚のひとり親は従来であれば、所得控除を受けることはできませんでした。しかし、シングルマザーあるいはシングルファーザーが「経済困窮に陥る可能性が高い」ことが寡婦控除あるいは寡夫控除が設けられた趣旨だとすると「未婚であってもかまわないのではないか」という考えのもとにひとり親控除が創設されました。

    ひとり親控除の要件は

    ・生計を一にする所得金額48万円以下の子を有すること
    ・合計所得金額500万円以下であること

    となっており、ひとり親に該当すれば、男女に関わりなく所得税法上35万円の所得控除が受けられるというものです。

    この所得控除の規定を住民税の計算に当てはめて考えると、住民税の所得割・均等割ともに非課税となるのは「年収-給与所得控除額が135万円以下」です。年収を逆算すると204万4000円未満であれば給与所得控除後の金額は134万8000円となるため、住民税がかからない、つまり非課税ということになるのです。

    ◆条例の適用を受ける以外で個人住民税をおさえる方法
    もちろん、上記のケース以外で所得割については結果として「個人住民税がかからなかった」という方も数多くいます。所得税の税金の計算も住民税の税金の計算も仕組み自体は概ね同じなので、要は「収入-必要経費」で算定された所得が住民税法上の所得控除を差し引いて0円になればいいのです。

    住民税においても医療費控除や社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除等は受けることができますので、「収入-必要経費で算定された所得≦住民税法上の所得控除であれば、個人住民税の所得割はかからないこととなります。

    さらには、税額が算定されたとしても、「ふるさと納税」した場合の税額控除等も住民税の減額に寄与します。
    収入から必要経費と所得控除を差し引いて0になれば税金はかかりません(図表:筆者作成)

    ◆個人住民税は信用力の証明である
    しかしながら、個人住民税の所得割・均等割が非課税になるように、あるいは所得割だけでも非課税になるように諸条件を整えることを推奨しているわけではありません。

    所得税においても住民税においても「税金を納めている」ということと「信用力」は無縁ではないのです。住民に身近な行政サービスを受けてもらうのに必要な経費を、住民個々人にあてはめ、算定された税金として個人住民税が算定されているのですから、条例に該当する人は相当程度、生活が困窮している状態にあると考えるべきでしょう。





    k@投資家
    @kz1044

    あなたも当てはまる?住民税が免除される人とは? https://t.co/FcjEInc6RO

    2021-06-11 18:48:53

    (出典 @kz1044)

    ValuedTips™
    @valuedtips

    あなたも当てはまる?住民税が免除される人とは? https://t.co/E62QvjGxGA

    2021-06-11 09:16:07

    (出典 @valuedtips)

    女子力アップ通信
    @000news

    あなたも当てはまる?住民税が免除される人とは? https://t.co/6rrWCDYccw

    (出典 )

    2021-06-11 09:00:05

    (出典 @000news)

    株式情報市場
    @yuria2122

    あなたも当てはまる?住民税が免除される人とは? - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス https://t.co/f9Eggbb3JR

    2021-06-11 08:19:16

    (出典 @yuria2122)



    『「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表』についてTwitterの反応


    「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表
    …新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが減少した事業者が休業手当を支給して従業員を休ませた場合、解雇などを行っていない中小企業の従業員の休業お…
    (出典:ネットショップ担当者フォーラム)


    雇用調整助成金(こようちょうせいじょせいきん)とは、日本において雇用保険法等を根拠に、労働者の失業防止のために事業主に対して給付する助成金の一である。雇用保険のなかの「雇用保険二事業」と呼ばれる事業のうちの雇用安定事業(雇用保険法第62条)として行なわれる。 日本は世界的に見ても特に解雇が難しい国で
    21キロバイト (3,705 語) - 2021年4月14日 (水) 20:43



    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが減少した事業者が休業手当を支給して従業員を休ませた場合、解雇などを行っていない中小企業の従業員の休業および教育訓練に対する助成率9/10、大企業は3/4、1日1人あたりの上限助成額は1万3500円とする現行の「雇用調整助成金」特例措置について、厚生労働省は7月末まで延長する方針を発表した。

    厚労省は5-6月の「雇用調整助成金」特例措置について、特に業況が厳しい事業者などに対して特例を設け、原則的な措置の水準は一定程度抑えて運用。7月以降の助成内容は、通常制度に向けて見直しを進めていくとしていた。

    緊急事態宣言の延長などを踏まえ、7月も5-6月の助成内容を継続。8月以降の助成内容は、雇用情勢を踏まえながら検討、6月中に公表するとしている。

    #7月までの延長が決まった「雇用調整助成金」特例措置の内容

    雇用調整助成金の助成内容(厚労省が発表した資料からキャプチャ)

    原則的な措置

    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で売り上げが減少した事業者が休業手当を支給して従業員を休ませた場合、解雇などを行っていない中小企業の従業員の休業および教育訓練に対する助成率9/10、大企業は3/4、1日1人あたりの上限助成額は1万3500円。

    解雇などを行っている中小企業の従業員の休業および教育訓練に対する助成率は4/5、大企業は2/3。1日1人あたりの上限助成額は1万3500円。

    地域特例、業況特例

    地域特例は、「緊急事態宣言」「まん延防止等重点措置」の対象地域で、知事による基本的対処方針に沿った要請に基づき、営業時間の短縮といったことに協力する企業などが対象。

    業況特例の対象は、生産指標(売り上げなど)が直近3か月の月平均と前年または前々年の同期と比べ3割以上減少した全国の企業。

    対象となる企業などには、大企業への助成率は4/5で解雇せず雇用を維持した場合は10/10、中小企業の助成率は4/5で解雇せず雇用を維持した場合は10/10。1人1日あたりの助成額の上限は1万5000円。

    この



    インバウンド•観光業アナリスト&YouTuber | Dai Miyamoto
    @localized_dai

    「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表(ネットショップ担当者フォーラム)#Yahooニュースhttps://t.co/nKD20b0qpd

    2021-06-02 07:50:26

    (出典 @localized_dai)

    めたまちゃん
    @kuro_r22

    「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表(ネットショップ担当者フォーラム) https://t.co/2UB1DXm2PX

    2021-06-01 23:34:42

    (出典 @kuro_r22)

    まーちゃん@私だけの勝手にトレンド情報
    @machanjoho

    「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表(ネットショップ担当者フォーラム) [紹介元] ネットショップ担当者フォーラム - Yah&hellip。

    2021-06-01 18:09:30

    (出典 @machanjoho)

    藤間勘宏弥
    @amgs6500

    「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表(ネットショップ担当者フォーラム) https://t.co/7RqjG57J6N

    2021-06-01 15:45:52

    (出典 @amgs6500)

    マーケティング総合研究所
    @Marketing_labo

    「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表 - ネットショップ担当者フォーラム #マーケティング #EC 【参考資料】 https://t.co/5ihRmNQ24A

    2021-06-01 11:56:15

    (出典 @Marketing_labo)

    しもせ🍕大阪の天然酵母ピザ職人🍺台湾料理屋とラーメン屋もやってまんねん
    @semoshi

    「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表(ネットショップ担当者フォーラム)#Yahooニュースhttps://t.co/hqMYE4KAGN

    2021-06-01 11:49:14

    (出典 @semoshi)

    ネットショップ担当者フォーラム
    @netshoptan

    記事をアップしました!「雇用調整助成金」の特例措置を7月まで延長、厚生労働省が方針を発表https://t.co/Uy9ogXMa0r

    2021-06-01 09:31:17

    (出典 @netshoptan)

    外山 未知
    @MichiToyama

    >厚生労働省は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う雇用調整助成金の特例措置を7月末まで延長する方針>与党と調整し、週内にも発表>当初は7月からの引き下げを検討していたが、政府が緊急事態宣言の延長を検討していることを踏まえ、手厚い… https://t.co/1oZg7q0dVe

    2021-05-27 08:19:23

    (出典 @MichiToyama)

    タガタメ@求人広告営業の育成者
    @tagatame_link

    厚生労働省は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う雇用調整助成金の特例措置を7月末まで延長する方針6月末が期限で、当初は7月からの引き下げを検討していたが、政府が緊急事態宣言の延長を検討していることを踏まえ、手厚い支援を維持する。… https://t.co/SkvcLlY9tm

    2021-05-27 08:18:49

    (出典 @tagatame_link)

    かぶとな
    @Ltrjr7mllgcV19g

    厚生労働省は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う雇用調整助成金の特例措置を7月末まで延長する方針だ。6月末が期限で、当初は7月からの引き下げを検討していたが、政府が緊急事態宣言の延長を検討していることを踏まえ、手厚い支援を維持する。与党と調整し、週内にも発表する

    2021-05-27 06:14:51

    (出典 @Ltrjr7mllgcV19g)



    『東京都の規模別協力金、申請に売上帳簿 月末に受け付け』についてTwitterの反応


    営業時間の短縮要請に応じた飲食店には当初、1日最大6万円の協力金を当初は支払う方針だったものの、一日最大4万円の協力金に減額となった。また、緊急事態宣言の時の協力金は6万円となった。都道府県によって異なることもある。 政府は2021年4月1日、宮城県、大阪府、
    73キロバイト (8,531 語) - 2021年6月1日 (火) 06:08



    東京都は4月12日から5月11日に営業時間短縮要請などに応じた飲食店に支払う協力金の申請受け付けを6月30日に始める。今回から店の売り上げ規模に応じて支給額を変えるため、店ごとの売上高が分かる売上帳簿などの提出が必要になる。1日あたりの売上高が10万円以下の店は省略できる。

    支給額は店の売上高に応じ、中小や個人事業者は1店あたり68万~600万円、大企業は上限600万円とする。これまでは一律の金額を事業者や店ごとに支給していた。

    4月25日から5月11日の休業要請に応じた店舗面積1千平方㍍超の大規模施設への協力金と1千平方㍍以下の中小施設への支援金の申請受け付けも6月30日に始める。




    こちらもおすすめ

    ひいろぐ
    @hiilog

    新型コロナ: 東京都の規模別協力金、申請に売上帳簿 月末に受け付け: 日本経済新聞 https://t.co/34Fb4QGl5P

    2021-06-01 20:22:44

    (出典 @hiilog)

    〼屋銀吾ロ
    @U9SkaDAJsuctD4B

    新型コロナ: 東京都の規模別協力金、申請に売上帳簿 月末に受け付け: 日本経済新聞 https://t.co/6NUnX2fTYg

    2021-06-01 16:43:45

    (出典 @U9SkaDAJsuctD4B)

    日経 Top
    @nikkei_top

    [日本経済新聞] 東京都の規模別協力金、申請に売上帳簿 月末に受け付け https://t.co/kenLIn3qsG

    2021-06-01 15:39:13

    (出典 @nikkei_top)

    日経新聞-速報
    @nikkei_sokuho

    東京都の規模別協力金、申請に売上帳簿 月末に受け付けhttps://t.co/IjcWYqLPjg

    2021-06-01 15:25:38

    (出典 @nikkei_sokuho)

    東京都 新型コロナウィルス速報
    @corona_tokyo_

    東京都の規模別協力金、申請に売上帳簿 月末に受け付け https://t.co/2cP5X9HJ4p

    2021-06-01 15:22:59

    (出典 @corona_tokyo_)

    カズミニッツ
    @kazminutes2020

    東京都の規模別協力金、申請に売上帳簿月末に受け付け(日経新聞)https://t.co/rYKD609P50

    2021-06-01 15:20:36

    (出典 @kazminutes2020)

    カズミニッツ
    @kazminutes2020

    東京都の規模別協力金、申請に売上帳簿月末に受け付け(日経新聞)https://t.co/rYKD5ZSeds

    2021-06-01 15:18:36

    (出典 @kazminutes2020)


    このページのトップヘ