人生のトリセツ

これからの人生において、
豊かに暮らしていくために必要な金融の情報を発信し、
将来に役立てていただきたい。
そう思って運営をしてます。

    カテゴリ: 不動産投資


    『「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇』についてTwitterの反応


    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇
     賃貸トラブルに詳しい太田垣さんのもとに、ある日「困った入居者に退去してもらいたい」という相談が入りました。借主はコロナ直前に地方から上京してきた、…
    (出典:現代ビジネス)





    家賃保証会社の保証内容は千差万別

    不動産投資は手堅いと思っていた

    最初の一歩を踏み間違えたことで……



    太田垣章子
    @ayako_ohtagaki

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/T0DLL94sBO #現代ビジネス

    2021-09-24 06:23:37

    (出典 @ayako_ohtagaki)

    宮原陽介/Yosuke MIYAHARA
    @ym619

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/1XJNA4DLb7 #現代ビジネス

    2021-09-24 00:49:02

    (出典 @ym619)

    クマガイ N.K
    @kumagai_777

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/WOpZ4g0YGI #現代ビジネス

    2021-09-23 23:34:04

    (出典 @kumagai_777)

    ユージン不動産@USI
    @801Ash

    安く買ってくれたらいいよォw◆「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 https://t.co/PAfZj1xBdW

    2021-09-23 19:27:45

    (出典 @801Ash)

    ゆーさん
    @yk_style2011

    知り合いに家賃保証あるから不動産投資を一緒やろうよよって誘われたけど、自分には知識が足りないと思って断った。正解だったわ。「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz… https://t.co/2f8etUEQWl

    2021-09-23 18:28:58

    (出典 @yk_style2011)

    矢野浩一 KUJIRA / SEKAI HOTEL
    @koichi_yano

    リーマンの時に潰れた保証会社に加入してた管理物件、みんな家賃トンズラされた苦い思い出、、「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/BebycxFLVN #現代ビジネス

    2021-09-23 17:08:49

    (出典 @koichi_yano)

    マンション管理士事務所レッズrezzu。💗不動産サポタ💓店舗賃貸サポータwith you💕
    @teichinntempo

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/7ZpKNXu3iK #現代ビジネス

    2021-09-23 16:38:57

    (出典 @teichinntempo)

    おでみたいなやつ
    @keypoint001

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇(太田垣 章子) @gendai_biz / https://t.co/J0mdq1YnJq

    2021-09-23 13:10:01

    (出典 @keypoint001)

    中距離
    @ZXYgYukmiE2f1xi

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/Nz5QJcZaiZ #現代ビジネス

    2021-09-23 11:42:14

    (出典 @ZXYgYukmiE2f1xi)

    遠藤翠 120°禅=正座法 垓塾
    @shakazen2011

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/9MAaASdNj3 #現代ビジネス

    2021-09-23 11:38:10

    (出典 @shakazen2011)


    @H2K98

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/iKUp57cDhu #現代ビジネス

    2021-09-23 10:55:22

    (出典 @H2K98)

    おぱんだんな
    @twyoopanda

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/DhVTF0xzuc #現代ビジネス

    2021-09-23 10:00:33

    (出典 @twyoopanda)

    👒Narumi🍷
    @kawainarumi1996

    政治も税金の計算もお金の活用も他人に「丸投げ」では得するはずがありません。「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 @gendai_biz https://t.co/LJuGcdgIhi #現代ビジネス

    2021-09-23 07:48:59

    (出典 @kawainarumi1996)

    現代ビジネス
    @gendai_biz

    「家賃収入はかんたん」の甘い言葉で、不動産投資に大失敗した、サラリーマンの悲劇 : https://t.co/ShKjNuqtqe #現代ビジネス

    2021-09-23 06:01:43

    (出典 @gendai_biz)



    『【2021年8月】不動産投資ローンはどの銀行がオススメ?金利や審査基準を比較』についてTwitterの反応


    不動産投資(ふどうさんとうし、英: real estate investing)とは、不動産を対象とした投資。具体的には投資した不動産を他者に貸して、賃料収入などを受け取るインカムゲインと、その投資した金額以上での売却によるキャピタルゲインを期待する行為である。
    5キロバイト (691 語) - 2021年3月26日 (金) 04:39




    不動産投資ローンとは

    不動産投資ローンとはご自身が事業として不動産を購入するために借りるローンです。

    つまり、不動産投資という事業に対して貸し出されるローンになります。

    住宅ローンとの違い

    不動産投資ローンと住宅ローンはよく比較されます。

    端的に不動産投資ローンと住宅ローンの違いは下記の通りです。

    • 不動産投資ローンやアパートローン:事業用のローン
    • 住宅ローン:自己居住用のローン

    つまりは、他人が住む住宅なのか、自分が住む住宅なのかが大きな違いとなります。

    住宅ローンはマイホームを購入するためのローンであり、不動産投資を目的とした物件を住宅ローンで購入することはできません。

    不動産投資ローンと住宅ローンとの違いに関して詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

    不動産投資ローンとアパートローンの基礎知識

    不動産投資ローンとは事業用途として不動産を購入するために借りるローンです。

    よく比較されるのは住宅ローンです。

    住宅ローンはマイホームを購入するためのローンであり、不動産投資を目的とした物件を住宅ローンで購入することはできません。

    不動産投資ローンと似たものにアパートローンがあります。一般に、不動産投資ローンは区分所有の物件(主にワンルームマンション)を対象としており、アパートローンは一棟ものが対象です。

    不動産投資ローンと住宅ローンとの違いに関して詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

    >>不動産投資ローンと住宅ローンの違いは何?上手に不動産投資ローンを借り換えする方法もご紹介

    不動産投資ローンの2種類の金利

    不動産投資ローンの金利は変動金利と固定金利の2種類から選ぶことができます。金融機関によって変動金利、固定金利どちらの借り入れができるかは異なりますので借り入れする際に確認するようにしましょう。

    変動金利と固定金利の違い

    不動産投資ローンを借り入れする際に、変動金利もしくは固定金利を選択する必要があります。原則は、変動金利での借り入れになりますが、銀行によっては固定金利での貸し出しを選択できるケースがあります。

    変動金利は基準金利(短期プライムレート)の変動によって、不動産投資ローンの金利が変動し返済額が見直されます。

    固定金利は固定期間の間は金利が変わらず固定されます。

    変動金利のメリット

    金利水準が固定金利よりも低い点が変動金利のメリットです。

    固定金利よりも金利を低く借り入れできるため、将来金利が上昇しなかった場合は総返済額を少なくできます。

    変動金利のデメリット

    金利変動リスクが変動金利のデメリットです。

    金利が上がり急に支払額が増えると、返済が難しくなる恐れがあります。そこで、金利上昇によるユーザー負担を抑えるために5年ルールと125%(1.25倍)ルールが金融機関によって取り決められているケースがあります。

    5年ルール:通常年2回金利の見直しがされますが、金利が上昇したとしても5年間は返済額が変わらないというルール。

    125%(1.25倍)ルール:金利が上昇した場合、6年目から返済額が変わりますが、返済額の1.25倍が上限となるものです。

    つまり、金利が上がると即座に来月から返済額が上がるわけではないです。

    固定金利のメリット

    金利変動リスクが無い点が固定金利のメリットです。

    金利が1%変動するだけでも収支が大きく変わります。固定期間中は金利変動がなく返済できるので、安心して不動産投資をすることができます。

    固定金利のデメリット

    将来金利が下がったときにその恩恵を受けられない、固定期間が終わると金利の見直しがあることが固定金利のデメリットです。

    また、変動金利に比べると金利が高く設定されているため、金利がもし上がらない場合には変動金利以上の返済額を負担することになります。

    将来、金利が上がるか気にされる方も多いと思います。下記の記事の第3章「金利は上がるのか」に金利予測をまとめていますので、よろしければ御覧ください。

    >>金利リスクについて考えてみよう

    金利1%の差で総返済額はどう変わる?

    1%の金利の違いによって、総返済額や月々の返済額がどう変わるかを確認してみましょう。

    • A:元本2,500万円、金利1.8%、期間35年
    • B:元本2,500万円、金利2.8%、期間35年

    わずか1%ですが、毎月返済額はおよそ1.3万円、35年間の金利総額では500万円以上も変わります。

    • A:月々返済額80,272円、総返済額33,714,594円(うち金利総額8,714,594円)
    • B:月々返済額93,443円 総返済額39,246,454円(うち金利総額14,246,454円)

    たった1%でも収支に大きな影響を与えることがよくわかりますね。

    >>不動産投資は「金利」が大切!

    低い金利で借り入れするために

    不動産投資ローンやアパートローンで低い金利で借り入れするために必要なことは下記の通りです。

    • 属性を上げる
    • 頭金を用意する
    • 提携ローンに強い不動産会社で物件を購入する

    属性を上げるとは、例えば年収を400万円から500万円に上げること、勤続年数を伸ばすこと、及び非上場企業から上場企業に転職することなどです。カードローンなどの借り入れをしている場合、返済し終えることも属性アップにつながります。つまり、金融機関から「延滞なく返済してくれそうだな」と思ってもらえるようにすることと言えます。

    属性に関して、年収ごとに不動産投資ローンの借入可能額を下記の記事で解説していますので気になる方は合わせてご覧ください。

    >>【年収別】不動産投資ローンの借り入れ可能額

    頭金については、物件によっては0円で投資できることもありますが、物件価格の10〜20%を用意することによって利用できる金融機関の幅が広がり、金利が下がることがあります。

    最後に提携ローンですが、主に区分マンションを取り扱う不動産会社が特別条件のローンを取り扱っていることがあります。一般ルートよりも金利が安いケースが多いです。

    高金利で借り入れている場合は借り換えを!

    残念ながら高い金利でしか融資を受けられない場合があります。例えば、 築古一棟物件や築古区分マンションです。

    この場合、金利が3~4%であったとしても、法定耐用年数以上の期間でフルローンの融資を受けられているのであれば、毎月プラスのキャッシュフローを作り出すことができる場合があります。こうしたケースでは、投資としては成り立ち得ます。

    しかしながら、金利は低いに越したことはありません。高金利、具体的には2.5%以上で借りている場合は借り換えを検討してみて下さい。国内最低水準1.575%の金利に借り換えることができるかも知れません。

    >>借り換え無料Web診断をしてみる

    借り換えができない場合は繰り上げ返済も有効

    高金利で借り入れしているときの対処方法として、借り換えができない場合は繰り上げ返済も有効です。ただし、繰り上げ返済を行うということは手元の現金を返済に使ってしまいます。今後もし物件の買い増しをしたい場合や突発的な修繕がかかる場合などに備えて現金はなるべく貯めておいたほうが良いでしょう。

    借り換えの場合は、借り換え先の金融機関でローン残債に諸費用を含めて借り換えできることもあるため手元資金を大きく使わずとも金利を下げることができます。

    高金利の対策としてはまずは借り換えを検討してみて、借り換えが難しい場合には繰り上げ返済を検討していきましょう。

    >>繰り上げ返済を行うべき?不動産投資ローンも住宅ローンも繰り上げ返済をする前に検討すべき1つのこと

    不動産投資ローンはフルローンで借り入れできる?

    不動産投資をする際に、不動産投資ローンの借り入れをしていくことは規模拡大の上では非常に重要です。

    不動産投資ローンの借り入れの仕方に、物件価格まで融資金額を借り入れできるフルローンがあります。

    フルローンで借り入れできるかどうかは、物件の種別によってや借り入れされる方の属性によって変わってきます。

    区分マンションを不動産会社から購入するような場合であれば、フルローンで投資をすることはよく行われています。

    一棟物件でもフルローンで借り入れできるケース

    一棟物件についてもフルローンの可能性もわずかながらあります。たとえば、10%の表面利回りを超えおり、かつ物件価格に対して土地値が一定度出るような物件であればフルローンで借り入れできることもあるようです。その際には、借り入れされる方の属性や既存借入れが少ないことなど複合的に判断をされます。

    ただし、フルローンで購入できるからといってその物件が確実に儲かるというようなお墨付きがついているわけでは無い点は注意しましょう。

    A銀行でフルローンで借り入れできたとしても、次回も同様にフルローンで借り入れできるわけでもないですし、またフルローンであるとどうしても与信毀損としてローン残債が物件評価を下回ることにも繋がりやすいです。

    2018年以降銀行審査も厳しくなっているため、一棟物件の購入においては物件価格の10〜20%程度の頭金が必要になる点は認識しておくと良いでしょう。

    不動産投資ローンの活用はレバレッジに寄与する

    本来資産運用をする際には、ご自身の預金の中から余裕資金の範囲内で運用をすることになります。一方で不動産投資であれば、ご自身の預金の何倍も大きく借り入れすることでレバレッジを効かせて運用をすることができます。

    たとえば、年収800万円で預金が1,000万円の方が5,000万円の物件を現金で購入する場合には残り4,000万円が貯まるまで非常に長い時間をかけて貯める必要があります。

    一方で、借入して購入するのであれば預金が貯まる前に購入ができるため時間の節約にもなりますし、年収の6.25倍、預金でいうと5倍のレバレッジをかけて運用をすることができます。

    ただし、レバレッジをかけるとそれだけ大きく儲けられることもあれば、大きく損失を出してしまうこともあります。初めて不動産投資を行う方は、いつまでにどのような規模の不動産投資を行っていきたいのかの目的・目標を定めてから徐々にレバレッジをかけていくと良いでしょう。

    不動産投資ローンを借りる

    不動産投資ローンを活用できる物件は主には区分マンションや一部の一棟物件が対象となります。

    不動産投資ローンを積極的に取り扱う金融機関

    日本には800以上の金融機関がありますが、積極的に取り組んでいるところは少ないです。

    当社が現時点で把握している金融機関はこちらです。

    • イオン銀行(ジャックス保証)
    • イオン住宅ローンサービス
    • SBJ銀行
    • オリックス銀行
    • 香川銀行
    • 関西みらい銀行
    • クレディセゾン
    • auじぶん銀行(ジャックス保証)
    • ソニー銀行(ジャックス保証)
    • KEBハナ銀行

    (50音順)

    不動産投資ローンの金利相場

    不動産投資ローンの金利相場は1%前半〜2%後半(平均2%前後)です。

    ただし、不動産会社と銀行との取引状況によって金利は異なります。例えば、ある物件を銀行に持ち込んだ際、不動産会社Aから購入する場合には金利が1.9%に対して、不動産会社Bでは1.6%ということがしばしばあります。

    少しでも金利を下げて購入するためにも、不動産会社に取引金融機関と最安金利を確認してみて下さい。

    不動産投資ローンの市況

    2020年に実施された緊急事態宣言後は、一部の銀行においてリモートワークが導入され、融資申し込み、面談、契約などの手続きに時間がかかっていましたが、2021年8月現在では通常時に戻りつつあります。

    また、審査基準についても大きな変更は特段無く、不動産投資ローンの融資引き締めは見られていません。金利水準についても大きな変化は見られていません。

    不動産投資ローンの商品概要

    頭金0円で投資できることもありますが、多くは不動産会社が保有している物件を購入する場合に適用されます。一方、不動産ポータルサイトに載っている物件は個人が保有している物件を不動産会社が仲介するケースが多く、提携ローンを持っていない仲介会社が多いため、自己資金0円の優遇は受けられません。

    目安として物件価格の10〜20%を頭金として求められることが多いため、注意が必要です。また、審査基準は借り手の属性(年収や勤務先及び年収倍率など)と物件評価(含む物件の収益性)の2つが大きな判断基準となります。例えば、サラリーマンであれば年収が500万円以上ないと審査が厳しいのが現状です。また、士族・上場企業(グループ会社含む)・外資系企業勤務は審査に有利に働きますので、該当する方は審査に通りやすいでしょう。

    既に不動産投資をされている方は年収倍率(年収の何倍の借り入れがあるか)にも注意が必要です。一般に8倍を超えると融資の承認率が低くなります。借りすぎは要注意です。

    不動産投資ローンの金利ランキング(2021年8月)

    不動産投資ローンの金利ランキングはこちらになります。

    ※インベース調べ
    ※借り入れ時期は2021年8月以前も含み、2021年8月調査時に判明したこれまでの金利で最低ラインを掲載

    ※「xx銀行だとこういう条件だったよ」などの口コミ情報がありましたら、インベースの編集部までDMにてお寄せ下さい。

    当社が把握している最も低い金利は、ソニー銀行の2年固定金利の1.49%です。ただし、ソニー銀行のウェブサイトから申込みすることはできず、提携不動産会社を通して申し込むこととなります。また、その他金融機関は1.5%〜1.8%の金利水準でして、申込み方法もソニー銀行と同様、提携不動産会社を通してのみ申し込み可能となっているのが大半です。

    このように各金融機関のウェブサイトから不動産投資ローンを申し込めるケースは非常に限られており、提携不動産会社を通して申し込むのが一般的です。なお、当社サービス(インベース)も不動産会社と同様に金融機関と提携しています。

    >>「低金利で借りたいけど、どの不動産会社に相談すればいいかわからない」方はこちら

    アパートローンを借りる

    アパートローンを活用できる物件は主にはアパートやマンションなどの一棟ものが対象ですが、土地購入にも利用することができます。

    アパートローンを積極的に取り扱う金融機関

    不動産投資ローン同様に全国の金融機関で原則取り扱いはありますが、積極性は金融機関によって異なります。

    具体的な金融機関はこちらです。

    • オリックス銀行
    • 香川銀行
    • 京都銀行
    • 群馬銀行
    • 西京銀行
    • 静岡銀行
    • スルガ銀行
    • セゾンファンデックス
    • 香川銀行
    • 千葉銀行
    • 徳島大正銀行
    • 三井住友銀行
    • 三井住友信託銀行
    • 三井住友トラスト・ローン&ファイナンス
    • みずほ銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • 横浜銀行

    (50音順)

    三菱UFJ銀行をはじめとする3メガバンクも融資に取り組んでおり、金利水準も非常に低い(1%以下)ですが、融資を受けられる方は地主をはじめとした高属性に限られます。

    西日本エリアから都内に進出している地方銀行は積極的に取り組む傾向にあり、金利水準も低いです。

    信用金庫に関しては、もともと取引がある、もしくはその地域の地主であれば融資を行うケースもありますが、これらに該当しない場合は貸し出しは難しいようです。

    アパートローンの金利相場

    アパートローンの金利相場は1%前半〜4%前後(平均2.7%前後)です。

    不動産投資ローンに比べると金利が高い傾向ですが、属性、取引深耕度合い、物件によって金利は大きく異なります。

    地主で昔から金融機関と取引を重ねている場合には、35年融資で金利0.5%といった住宅ローンとほとんど変わらない金利で貸し出されるケースもあります。ただ、これは極めてレアなケースです。初めての物件購入であれば、2%台後半の融資を受けられれば御の字と言えるでしょう。

    なお、アパートローンで低金利を実現するためには、不動産投資家としての実績を積み、”きれいな”バランスシート(債務超過でないBS)にすることで金融機関からの評価が高まり、低金利でローンを借りられるようになります。

    アパートローンの市況

    アパートローンの市況に関しても不動産投資ローンと同様に、審査基準の引き締めは起きていません。

    また、一部の金融機関においてリモートワークが導入されたことに伴い、申し込み・面談・契約などの手続きに時間がかかっていましたが、2021年8月現在では通常時に戻りつつあります。

    アパートローンの商品概要

    アパートローンの商品概要は下記の通りです。

    • 頭金:10~20%
    • 審査基準:借り手の属性、物件の評価、取引実績

    スルガ問題以前であれば、一棟物件でもフルローン、諸費用まで借り入れできるオーバーローンの貸し出しが行われていましたが、現在は頭金が10〜20%は必須です。なお、諸費用として7%程度が別途必要となりますので、自己資金は17%〜27%程度は必要となります。

    つまり、5,000万円の物件であれば最低でも850万円の資金が必要です。

    その上でサラリーマン投資家であれば年収は理想的には700万円、最低でも500万円は必要になるでしょう。

    頭金の必要性に関して下記記事で詳しく解説していますので気になる方は合わせてご覧ください。

    >>不動産投資は頭金不要?頭金を用意するメリットとは

    アパートローン金利ランキング(2021年8月)

    アパートローンの金利ランキングはこちらです。

    ※インベース調べ
    ※借り入れ時期は2021年8月以前も含み、2021年8月調査時に判明したこれまでの金利で最低ラインを掲載

    ※「xx銀行だとこういう条件だったよ」などの口コミ情報がありましたら、インベースの編集部までDMにてお寄せ下さい。

    現在、当社が把握している最も金利が低い金融機関は日本政策金融公庫です。

    金利が1%〜と大変低く一棟物件はもちろんのこと、区分マンションや築古戸建であっても取り組むことが可能です。

    ただし、期間は原則最長15年となります。またコロナになり、評価が非常に厳しくなっており現在では物件価格の30%程度の融資になるため、多額の頭金が必要になる点にご注意下さい。自己資金を減らして日本政策金融公庫を活用する場合には、ローンのない物件を共同担保に入れることによって融資額は変わってきます。共同担保のある方にとっては非常に低金利で借り入れできる金融機関にはかわりありません。

    2位の京都銀行は取り組むことができれば1%台で借り入れすることができます。ただし頭金は30%前後必要となることもあることやエリアに制限もあるため取り組みのハードルは高いと言えそうです。

    3位の千葉銀行に関しては京都銀行と同様に頭金は30%前後必要となることや年収が1,500万円以上、金融資産が数千万円以上ないと難しいなどハードルは高いです。

    融資を受けられる最低年収は500万円となっている金融機関が大半ですが、金融機関によっては700万円以上からとなるところもあります。

    なお、自己資金が少なくとも物件価格に対して17%(諸費用込み)以上必要になるためアパート・マンション一棟投資に関しては自己資金が一定数必要になることを念頭に置いておきましょう。

    近年の金利推移

    (引用:住宅金融支援機構 民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)

    2009年のリーマンショック以後、変動金利型の住宅ローンの金利はほとんど変化していません。

    日本銀行が発表した短期プライムレートの推移を参照すると、2009年1月に付けた1.725%が最高値でその後1.475%が最頻値となっています。

    金融機関は短期プライムレート+1.0%で変動金利型の店頭表示金利を設定するため2021年8月時点では年2.475%(最頻値+1.0%)となっています。

    長期プライムレートの推移は、2009年11月の1.85%を最高値に2020年8月時点では1.00%となっています。

    まとめ 不動産投資はローンがカギ

    不動産投資ローンの基礎知識や金利ランキングを解説しました。

    ワンルーム含め区分マンション投資を検討する際には、不動産会社がどのような金融機関と取引しているかを確認することで、相場よりも高い金利で借りることを回避できます。必ず個別面談の際に確認しましょう。

    アパートローンについては、不動産仲介会社から融資の斡旋を受けられるケースもありますが、原則はご自身で開拓していく必要があります。本記事に記載した金融機関を中心に相談してみましょう。なお、自己資金が物件価格の17%以上は必要となるため、これから一棟物件で投資を行う方は、その金額を貯める必要があります。もしできるだけ少ない自己資金で不動産投資を行いたい場合は、区分マンションから始めてみると良いでしょう。





    『「マンションを買え」先輩医師の言葉に従った勤務医の3年後』についてTwitterの反応




    初めて不動産投資に取り組む多忙な医師「A氏」

    多忙を極める勤務医のA氏(32) (画像はイメージです/PIXTA)
    多忙を極める勤務医のA氏(32)
    (画像はイメージです/PIXTA)

     

     

     

     診療科 整形外科
     年齢 32歳
     家族構成 独身
     居住地 中部地方
     勤務医としての年収 1,400万円

     

    救急指定病院で整形外科医として勤務するA氏は、文字通り昼夜を問わず働きづめです。ご存じのように整形外科の患者数は内科に次ぐ多さと言われています。しかも働いている病院は救急指定なので夜中に呼び出されることは日常茶飯事。さらにA氏は同僚の中では若手なので夜間勤務が多くなる傾向があります。

     

    2014年の1月にお会いしたときも「正月の三が日はすべて出勤だったよ」と嘆いていました。また、整形外科は精神的には元気な患者ばかりです。クレームが発生すると激しい言葉や行動に出る患者がたまにいて、そのときの対処にも苦労しているとのことでした。

     

    戦争のような毎日を繰り返しているので、いくら収入が多くても使う時間がありません。デートはもちろん出会いの機会もなく、数年前に60万円かけて道具を揃えた趣味のゴルフも何年もやっていませんでした。このような状況のA氏の唯一のストレス発散方法は、年に一回程度の大きな買い物でした。お金は普段使う時間がないので貯まる一方です。気がつくと預金通帳には1,000万円前後のお金が貯まっていました。それで昨年は新車のBMWを約800万円で購入しました。しかし通勤以外に乗る時間はないのですが。

    節税を意識して不動産投資を始めたものの…

    あまりに多忙なため、資産運用を考える暇もなかったA氏が収益物件に興味を持ったのは、同じ病院に勤務する先輩がすでに投資用マンションを持っていたからでした。ある日先輩に対して「とにかく忙しい」「お金を使う暇さえない」とグチを言ったところ、「それならマンションを買え。節税にもなるぞ」というアドバイスをもらいました。

     

    節税に対してまったく無関心だったA氏は、先輩にくわしく説明を求めました。すると収益物件による節税の仕組みを丁寧に教えてくれました。そこで資産運用に目覚めたわけです。「今までなんてもったいない納税の仕方をしていたんだ!」。さらに「いつかは結婚したい」「結婚するなら将来に対する保証も欲しい」。毎日怪我や病気で苦しむ患者を診ているうちに、自分が病気をして働けなくなったときのために資産は必要だ、という考えにいたりました。

     

    すぐに先輩に不動産会社を紹介してもらい、大阪府の新築マンションを2戸購入。費用は合計で約5,000万円。多忙なため現地で内見することはありませんでした。決め手となったのは、やはり節税効果でした。毎月の収入からローン返済などの支出を差し引くと1戸当たり1万円程度のマイナスですが、確定申告を行うことで数十万円の節税になる試算だったのです。

     

    晴れて2戸のマンションオーナーとなったものの、毎日の忙しさは変わりません。そうこうしているうちに確定申告の時期が近づいてきました。物件を購入した不動産会社とは、管理委託契約も交わしていました。購入前の商談では、確定申告前に必要書類を送ってもらい、申告方法も教えてもらうことになっていたはずでした。

     

    しかし、2月になっても何の音沙汰もありません。A氏は「このままでは節税にはならない」と不動産会社に電話をしました。すると「担当のXXは退職しました。新しい担当から連絡をさせます」と電話の応対に出た人が言いました。

     

    A氏は、そういうことなら、と待つことにしました。しかし3月に入り、確定申告の受付期間が過ぎても連絡がありません。結局忙しさのあまりに確定申告することなく3年が過ぎました。

    まずは過去3年間分の確定申告することから

    私がA氏に出会ったときは、このように不動産運用のメリットを活かしきれていない状況でした。

     

    毎月のマイナス分が3年分積もって、合計数十万円の赤字に。たまたま満室状態を継続していましたが、一括借り上げ契約をしていなかったので、いつ空室になるか毎日ヒヤヒヤしている、とのことでした。確定申告の案内をしてくれないような不動産会社では、空室時の入居者募集も期待できない、と言うのです。A氏は、こんなことなら不動産運用を始めなければよかった、後悔していると話していました。

     

    当然販売した不動産会社がフォローするものですが、このときの不動産会社は担当者が代わったということもあり放置状態でした。「買う前ばかり連絡してきて、後はほったらかしか」と、A氏は不動産業界というものにも不信感を持ち始めていました。

     

    しかし、せっかく満室が継続できている物件を所有しているのに、このままではあまりにもったいない。

     

    私は、まず確定申告は5年間さかのぼって行うことが可能なことを伝えました。A氏の場合、1年で100万円近い節税ができていたはずなので、過去3年分まとめて申告すれば約300万円が還付されます。

     

    このアドバイスによって、A氏はそれまでの後ろ向きな状態から、やっと気を取り直してくれました。今まで複数の不動産会社から営業を受けたようですが、この方法は聞いたことがなかったそうです。

    実際にどのような手続きになるのか資料を送り、電話で説明し、もちろん何度も直接お会いしました。

     

    するとだんだんプライベートな話をしていただける機会が増え、「いずれは結婚したい」「病気になって収入がなくなるのが怖い」といった不動産運用の目的を語ってくれ、打ち解けていくことができたのです。

    将来のライフプランとタックスメリットを考慮した決断

    私はこのような将来の希望や不安をお聞きしていると、やはりより節税しながら資産を増やしていくべきだと考えました。

     

    私はA氏に次のような追加投資のメリットを説明しました。


    ● 現在の収入ならさらに融資を受けて運用物件を購入できる
    ● その結果、より多くの節税効果が得られ、数百万円の還付が受けられる

     

    説明したのはメリットだけではありません。「節税効果が得られるのは経費計上できるローン金利や減価償却費が高い7年から10年の間だけ。それ以降の収支はマイナスになるはず」といったマイナス要素も話しました。

     

    しかし、投資用物件はなかなか値下がりしないので、10年後でも購入価格の2割減程度で売却できることが少なくありません。ローンの残債を残すことなく売ることができ、再度節税効果のある新築物件を買うという手もあるのです。

     

    また、そのまま所有していても、多くの場合けっして損ではありません。ローンを組む際は、必ず団体信用生命保険に加入します。死亡または所定の高度障害状態になったとき、保険金でローンを返済するためのものです。万が一の事態でも、ローンが完済していれば物件は家族の物。家賃収入を残すことができます。月々1万円程度のマイナスなら、別の生命保険に加入するよりもお得なのです。

     

    それに健在なままローンを完済してしまえば、その後の家賃収入は丸々の収益です。とはいえその当時の家賃収入は2戸分で18万円程度。それでは生活を維持できないでしょう。あと3戸を追加し合計50万円前後の家賃収入は欲しいところです。

     

    A氏はこの説明で即決してくれました。それまでの2戸を維持したまま、新たに都内の3戸を購入。5戸すべてを弊社の管理とし、一括借り上げをすることになりました。

    将来の不安も解消して不動産投資に積極的なA氏

    このような経緯があって、私は、A氏に都内の新築マンションを勧め、A氏はそれを購入しました。そのうち1戸の収支計画が下図表のようになります。

     

    物件価格は2,510万円。頭金は1,000万円あるということだったので、1戸当たり約300万円。融資金額は約2,210万円でした。一括借り上げによる家賃収入は月々9万2500円ありますが、ローンの返済などで収支は毎月マイナス1万1775円になります。しかし、初年度の節税効果は所得税と住民税合わせて約120万円ありました。つまりトータルでは年間約106万円のプラスです。


    「今までとは桁違いにお金を貯められそう。将来に対する不安も消えた」と、A氏は会うたびに笑顔を見せてくれます。

    不動産ポータルサイトには出てこない「任意売却物件」

    実はこの話には続きがあります。A氏とはその後もマメに連絡を取り、生命保険や節税の話をしていました。ある日、アポイントを取って病院に会いに行くと、なぜか浮かない表情です。理由をたずねると「去年はしっかり節税できて本当によかった。でも最近通帳を見ると、毎月残高が減っていく。生活費も切り詰めなければならない気がしてきた」と言います。

     

    A氏の不動産運用は、間違いなく成功しています。しかし、それは節税効果があってこそ。毎月の収支は5戸分で5万円程度マイナスなのです。長期的な視点で考えれば、運用実績は確実にプラスとなりますし、本書ですでに説明した通り、毎月の諸経費は資産形成のための必要経費です。


    とはいえ、A氏が心配だと言うのならば、答えは簡単です。毎月の収支がプラスになる物件を購入すればいいのです。この提案をすると、A氏はすぐに乗り気になってくれました。頭金は3,000万円用意できるというのです。


    昨年800万円のBMWを買い、さらに物件の購入で900万円の頭金を支払ったのに……。私はあらためてA氏の底力に驚きました。


    さっそくお勧めできる物件を探すと、めったに出ない掘り出し物を見つけることができました。なぜ掘り出し物かというと任意売却物件だったのです。任意売却とは、ローンが支払えなくなった物件に対してオーナーが融資を行った金融機関と話し合い、競売手続に入る前に売却することです。

     

    ローンが支払えなくなったと聞くと、何かいわく付きのように感じるかもしれませんが、実はリーマンショック後あたりからかなり増えています。原因として不景気の昨今では法人オーナーの倒産が考えられますし、個人オーナーではリストラやボーナスカットで支払いができない、固定資産税が払えない、また夫婦で共同購入したが離婚したので払えない、といったケースもあります。けっして後ろめたい物件ではなく、むしろ売り急いでいるがゆえに相場よりも安く購入できることもある、お宝物件と言えるでしょう。

     

    「不動産に掘り出し物はない」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、それは一般の人に限ったことです。一部のプロの間では、掘り出し物の情報が行き来し、そのネットワーク内だけで売買が完結します。

     

    その一部のプロになる条件は、即決するかどうかです。金融機関は物件を売り急いでいます。だから情報を流す先は、自社で買い取る、または優良な見込み客を多数持っている、いずれにしても即決する可能性がある業者だけです。

     

    相場から3割引きの物件が、一般市場に出たら想像を絶する争奪戦になるはずです。しかし、任意売却の物件はそもそも金融機関が情報を流さないので、絶対に不動産ポータルサイトには出てきません。

     

    このような物件の情報は、金融機関とコネクションのある不動産業者にしか流れてこないのです。

    資産10億円を目指すのであれば「高額物件」が効率的

    A氏に提案した任意売却物件は、下表のようになります。

     

    物件は築15年、24戸のマンション1棟です。価格は3億2500万円ですが、頭金3,000万円を入れればローンの返済を差し引いても毎月約48万円の収益が残ります。

     

    正直に書きますが、3億円の中古マンションで毎月の収益が48万円というのは、かなり高い利回りです。その理由は、何といっても物件自体が割安なこと、そして当時4戸の空室がありましたが、すべて一括借り上げにしたこと、さらにA氏がまだ32歳と若いので30年の長期ローンが組めたことなどがありました。

     

    場所は京都府ですが、弊社には大阪支社があるので入居者の募集にはまったく問題がありません。こんなに条件のいい物件は、なかなか出てこないでしょう。ところがA氏には即答で断られてしまいました。

     

    3億円というローンを背負うプレッシャーに耐えられそうにない、と言うのです。提案しておいておかしいかもしれませんが、この反応は当たり前とも言えます。1棟買いを医師に勧めると、ほとんどが「毎日他人の命を預かる責任の上に、今まで扱ったことがないような高額な借金を背負うなんて考えたくもない」といった答えが返ってきます。

     

    区分所有の少額な投資なら失敗してもキズは浅いと思うかもしれませんが、私はそもそも失敗しないことを前提に提案しています。不動産運用が収益を生む構造は、低額物件も高額物件も同じです。ならばより多くの収益を生み、早く資産10億円に到達する高額物件を購入した方が効率はいいのです。

     

    医師ならば頭金は一般のサラリーマンより多く用意できるし、銀行に信用があるので多額の融資を受けられます。医師だからこそ高額物件で効率の良い資産運用が可能なのです。実際に区分所有から不動産運用を始めた医師のほとんどは、最終的に1棟買いに行きついています。

    「通貨」の面でもリスクヘッジして将来に備える

    私はA氏に過去の成功事例の数々を紹介しました。しかし、もう一歩踏み込めない様子。どんなに低くても、将来無一文になってしまう可能性はつくりたくない、と言うのです。そこで私は「48万円の収益のうち、10万円はドル建て積立型生命保険に回しましょう」と提案しました。

     

    この生命保険は、毎月支払う保険料や満期時の返戻金がドルになります。そのため金額が為替レートによって変化するリスクがありますが、予定利率が円建てに比べてかなり高いというメリットもあります。

     

    ドル建て積立型生命保険でリスクヘッジすることで、A氏は納得。この掘り出しもの物件を購入することになりました。これでA氏の資産は約5億円。「将来の安心がよりはっきり見えてきたし、すぐにでもセミリタイアできそうだ」と考えられるようになって、本業に取り組む気持ちにも余裕が生まれたそうです。





    2021年住宅ローン顧客満足度ランキング、3位「イオン銀行」2位「auじぶん銀行」1位は? - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9724021 2021/08/06 08:09
    2021年住宅ローン顧客満足度ランキング、3位「イオン銀行」2位「auじぶん銀行」1位は?

    一生に一度の買い物、マイホーム。一括で支払えるようなごく一部の富裕層を除いて住宅購入につきまとうもの、それが住宅ローンだ。どこでローンを組むかは、ハッキリ言って散々悩んで決めたマイホーム選びよりも悩むといっても過言ではない。これからの人生と財産を左右する決断となるからだ。

    “見えない満足を可視化する”をコンセプトに、第三者の立場で顧客満足度調査を実施する株式会社oricon MEは、住宅ローンについての満足度を調査。2021年8月2日、その結果が「オリコン顧客満足度®」公式サイトで発表された。

    ようやく物件が決まった!…と思ったらすぐ住宅ローンでまた悩む

     総合1位を語る前に、ランキングにはちょっとした驚きがあったのでそちらをご紹介しよう。今回調査を行ったのは「商品内容の充実さ」「担当者の対応」「団体信用生命保険の充実さ」「付帯サービス」「審査・契約手続き」「金利」「手数料・保証料」「繰り上げ返済」「サイトのわかりやすさ」の9項目。その9項目のうち「担当者の対応」で、初の1位となったのが「みちのく銀行」(青森県)、同点3位に「青森銀行」(青森県)「八十二銀行」(長野県)「肥後銀行」(熊本県)と、上位5位以内に地方銀行が4つもランクインしている。

     また、地域別ランキングでは、「関東」「東海」「近畿」といわゆる大都市ではそれぞれ、「ソニー銀行」「イオン銀行」「住信SBIネット銀行」が1位だったが、「北海道」では6年連続※「北海道銀行」(※2016年は「北海道・東北」エリアとして発表)が、「東北」ではみちのく銀行、「甲信越・北陸」では2年連続となる「北陸銀行」が、「中国・四国」で「百十四銀行」が、それぞれ1位となっている。各地域に本店を置く地方銀行が1位となったのには、先ほど「対応者の担当」で地銀が4つランクインしたこと関係があるのではないだろうか。便利さよりも、“やっぱり顔が見える地元の銀行”を重視する、地方特有の社会性もあるのかもしれない。
     続いて、総合ランキングを見ていこう。

    借り換えもアリかも!?ソニー銀行は9項目中4項目で1位に(oricon ME調べ)

     今年で11回目となる「住宅ローン」ランキング。総合1位はソニー銀行。今回でソニー銀行は自身の持つ、「オリコン顧客満足度®」における連続総合1位最長獲得年数記録を更新することとなった。2位には「auじぶん銀行」、3位・イオン銀行と続いている。
     全9つの評価項目では、「商品内容の充実さ」「団体信用生命保険の充実さ」「サイトのわかりやすさ」「繰り上げ返済」の4項目で1位に。特に「商品内容の充実さ」では、75.5点と高評価を獲得した。

    1位となったソニー銀行株式会社 執行役員、ローン企画部、ローン営業部、ローン業務部、ローン管理部担当の加藤和彦氏はオリコンエムイーの取材に対し、「この調査で総合第1位を獲得することは、住宅ローンに関わるメンバー共通の目標のひとつ」と力強く語る。「初めて1位をいただいたときは嬉しいという気持ちが強かったのですが、1位を継続するごとにプレッシャーを感じるように。ただ、昨年の10回目の調査で1位をいただいたときには、私たちにとっての確信と誇りに変わりました」とコメント。

     実際のユーザーからは「手数料、保証料が安く、ネット銀行だけど、東京には窓口もあり、対面で聞きたいことを聞けたところが良かった(30代/女性)」や、「金利、手数料が他社と比べよかった。申し込み書類がわかりやすく、記入に悩まなかった。担当者の連絡が早く的確なため悩むことがなかった(30代/男性)」など、そのサービスの充実ぶりに信頼を寄せる声が多くあがった。

     ただ、総合1位であった年も「団体信用保険の充実さ」の項目については、ややランキングが低迷していた時期も。加藤氏は「その点を当社の課題と真摯に受け止め、改善に努めた結果、少しずつかつ確実にお客様へと伝わり、今年はその項目でも1位をいただけて感激しております」と喜びを見せた。
     ソニー銀行の快進撃はこれからも続くのだろうか。来年の調査結果が楽しみである。

    出典元:最長記録を更新、住宅ローン満足度ランキング「ソニー銀行」が11年連続の総合1位に【ミチタリ】

    【日時】2021年08月06日 07:00
    【提供】オトナライフ

    ソニーソニーグループ) > ソニーフィナンシャルホールディングス > ソニー銀行 ソニー銀行株式会社(ソニーぎんこう、英称:Sony Bank Inc.)は、ソニーフィナンシャルホールディングス傘下にある、新たな形態の銀行に分類されるネット銀行。通称:ソニーバンク。 2001年4月2日に、ソニー
    27キロバイト (3,399 語) - 2021年7月11日 (日) 08:42













    『マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図』についてTwitterの反応


    東京・市ケ谷駅から徒歩約5分の高級住宅街。その一角に分譲マンション大手の三井不動産レジデンシャル(東京・中央)が手掛ける「パークコート千代田四番町」がある。平均価格は1戸2億円以上と高額で「当初は1年くらいかけて売る予定だった」(嘉村徹社長)。ところが2021年1月に販売を始めると、わずか半年で完売した。

    都市部のマンションは価格上昇が鮮明だ。不動産情報サイト「マンションレビュー」を運営するワンノ...

    こちらもおすすめ




    Riku Wakatsuki
    @RikuWakatsuki

    KYCですね💡マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞https://t.co/FL7wyH2jFl

    2021-07-26 04:49:55

    (出典 @RikuWakatsuki)

    勃ひろし
    @deadcredit

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞 https://t.co/zsopehv2Ej

    2021-07-26 00:24:32

    (出典 @deadcredit)

    ロコモコ
    @hironica

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞 https://t.co/uKD7qpmUEa

    2021-07-26 00:24:07

    (出典 @hironica)

    サードステージ
    @ThirdStage7

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞資産バブルがくるぞ😁 https://t.co/rjuwginbTj

    2021-07-25 23:39:58

    (出典 @ThirdStage7)

    てにまじ
    @tennismagician

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/qJRVLTOHLi

    2021-07-25 23:17:11

    (出典 @tennismagician)

    dabitur
    @dabitur

    [RE] マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図https://t.co/bC0fFBdWyg 「緩和縮小の影響で日経平均が10%下落するというシナリオのもと*騰落率をはじいた。集計対象は*専有面積50平方メートル以… https://t.co/xJE29PSsWn

    2021-07-25 21:19:59

    (出典 @dabitur)

    kiokio19777
    @kiokio19777

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図https://t.co/L5PDKmTbyO

    2021-07-25 21:09:08

    (出典 @kiokio19777)

    ふぉんわ~か、ホリック。
    @N8J8DJI8YfHJJVO

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/6tgbr4NNWj

    2021-07-25 20:50:44

    (出典 @N8J8DJI8YfHJJVO)

    証アナ試験研究所
    @analystexaminst

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞不動産価格の高騰はかなり急ピッチで進んでいますね。。ただ、郊外は意外と手頃な物件もありますよね。 https://t.co/66YEYhiPug

    2021-07-25 20:24:32

    (出典 @analystexaminst)

    朝顔®︎@ 🍅agricultural trader
    @ryukyuasagao

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/tMsSzVNq3S

    2021-07-25 19:54:32

    (出典 @ryukyuasagao)

    Hori | 起業(不動産テック)+コンサル
    @kh0109_26

    マンション相場、世界の緩和マネーの流入を背景に、都心上昇郊外下落のK字化が進むとのこと。3年後価格推移も、経年劣化を越えて価格上昇が予想される物件も多々。マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞 https://t.co/ETPnfVOiXA

    2021-07-25 19:46:42

    (出典 @kh0109_26)

    おくりびと
    @Opkt3FhpX8iEMXM

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞 https://t.co/8nYFgjKYg9

    2021-07-25 19:38:25

    (出典 @Opkt3FhpX8iEMXM)

    ocyan1949
    @ocyan1949

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/JgBx6AZRTB

    2021-07-25 18:34:49

    (出典 @ocyan1949)

    深川くらし
    @fukagawakurashi

    オリンピック後に価格が下がるなんてことはありません。マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/riezRCmCyu

    2021-07-25 18:33:49

    (出典 @fukagawakurashi)

    古城 巧 | STRIVE(VC)
    @kojotaku29

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/15XZsvm8kE

    2021-07-25 17:30:43

    (出典 @kojotaku29)

    獅子神@次は関西コミティア
    @uso800_sisigami

    こんなのAIでなくとも予想できる事だが東京の一般的サラリーマンは郊外のマンションしか買えなくなるわけね。マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞 マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本… https://t.co/KIV1Rijfh0

    2021-07-25 16:56:05

    (出典 @uso800_sisigami)

    STKN
    @ken1ro_sato

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/e81YFAVTNa 「…市ケ谷駅から徒歩約5分の高級住宅街…パークコート千代田四番町…平均価格は1戸2億円以上…わずか半年で完売…」あるとこにはあるんですなー

    2021-07-25 16:27:23

    (出典 @ken1ro_sato)

    ベイトレイルCEO 豊田 / スタートアップ大好き
    @toyoday4

    AIによると都心部の不動産はここからまた20%上昇するとのこと😳マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞 https://t.co/URaQONIZJr

    2021-07-25 16:24:31

    (出典 @toyoday4)

    佐藤元彦
    @nikkei4946gen

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞🌏の緩和マネー💸が都心の優良物件🏤に流入高騰中🔥 https://t.co/KkyBlT5SJn

    2021-07-25 16:23:03

    (出典 @nikkei4946gen)

    不動産投資(株)フィナンシャルアドバイザーズ
    @fa_financial

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/oUyx6BeVsm

    2021-07-25 16:23:03

    (出典 @fa_financial)

    梅木雄平🐱日米ハイテク株投資家
    @umekida

    >パークコート千代田四番町は半年で完売マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/oorsYtmMJC

    2021-07-25 16:19:57

    (出典 @umekida)

    クマガイ N.K
    @kumagai_777

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/uKV00IClut

    2021-07-25 16:11:36

    (出典 @kumagai_777)

    Ryo Kitakaze
    @Skettokyo

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/WDBjOaKvwV

    2021-07-25 15:33:33

    (出典 @Skettokyo)

    首都圏の携帯ショップ情報
    @shopprice

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/63GdyCsjZw

    2021-07-25 15:22:29

    (出典 @shopprice)

    宮本 聡
    @miyamotosatoru

    余剰資金の都心マンションへの流入までは読めていたシナリオ。次にマネーが流れるのはどこなのか。そしてテーパリング開始後にマンション価格はどうなるのか。ここからの予想は少し複雑になりそう。---マンション相場、Kの断層 3年後価… https://t.co/tYdekCJUo9

    2021-07-25 15:21:21

    (出典 @miyamotosatoru)

    にゃかがわ
    @nyakagawa_r

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/bnYXQ6xCcZこの記事の地図が無慈悲すぎてすき

    2021-07-25 15:06:57

    (出典 @nyakagawa_r)

    ドナウ川の漣
    @liveforever1220

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞https://t.co/g5toD4mt8X

    2021-07-25 14:37:28

    (出典 @liveforever1220)

    Ishihara
    @CvoW4Yg8zsxyzCH

    マンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図:日本経済新聞https://t.co/5E0Ab33Nzg

    2021-07-25 14:23:38

    (出典 @CvoW4Yg8zsxyzCH)

    住宅FP・youtuber関根克直
    @fp_sekine

    3年後の不動産価格、AIが予想。都心5区(千代田、港、中央、新宿、渋谷)18.2%上昇。準都心(豊島、目黒など)11.6%上昇。その他23区8.7%上昇。もはや異常。ちなみに横浜ベイエリアは38.5%上昇だそうです。… https://t.co/5usGs85fI4

    2021-07-25 14:16:04

    (出典 @fp_sekine)

    naga
    @eng_light_house

    「K」って格差のKじゃんマンション相場、Kの断層 3年後価格のAI予想地図: 日本経済新聞 https://t.co/pe9imzL2pW

    2021-07-25 14:09:52

    (出典 @eng_light_house)


    このページのトップヘ